ディーラーからTELがあり、もうすぐ丸5年が経過する車のリースを継続するか、

新車に替えるかの選択が悩ましい。 5年が経過するのは3列シートの普通車で

2列目も独立シートなので、最後列から運転席まで移動できるのが超便利。

 

使用してないけれど、左スライドドアを開ければ、ステップが出てくる仕掛けが

あったり、3列目を畳めば結構な積載量が確保でき、なにより運転席と助手席の

間にカバンが置けるのはありがたい!

 

総走行距離は5万キロ前後だったかな? まったく元が取れてないやん。( 笑 )

 

かたや、もし替えるならば軽四輪の新車購入になりそうだけれど、この分野では

大丈夫かな? 新車の納期が軒並み1年以上とか、ハンパない状態です。

 

・・・ナイショですが、EVを試してみたかったりも。

 

そう、使うアテはありませんでしたが、充電ポートは設けているので可能です。

なので、完成度が高くて超便利な「 N-BOX 車いす仕様車 」にEV設定をお願い!

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

寝起きの良さには自信があって、目を覚ましたその瞬間から全力疾走もヘーキな

気がしますし( 気だけね・笑 )朝食は、焼肉でもステーキでもエビフライでも。

 

てか、そんな朝食ならシアワセですが、いまだ未経験です。( 笑 )

 

そんなワタクシが今朝、スマホのタイマー目覚ましが鳴る、その一歩手前で覚醒

したにもかかわらず、起きられない、というか、目が開かない。

 

それでもなんとか洗面台までたどり着けば、まぶたがお岩さん状態で垂れ下がり

「 そりゃ目が開かんわ 」と、ジンマシンで腫れあがっています。

 

そういえば昨日は、カラダは元気なものの、ジンマシン的な体調はよろしくなく

何が原因か、いやたぶん、高湿度と外気温による発汗が冷房された室内で引くと

いう、ソレが繰り返される環境に順応できないことが原因っぽい。

 

誰しも不快でしょうが、汗をかいた皮膚を病的に不快に感じているんですねぇ~

ワタクシの中の何かが。 ワタクシ自身は汗を流すことが好きなのに。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

梅雨の晴れ間を狙い、作業着に替えて「 刻み 」をします。

 

約1年前に「 来年の梅雨までに屋根をお願いします ♪」との依頼を受けた案件は

今年の梅雨も中盤に差し掛かった昨日、やっと材料刻みをする腰を上げました。

 

ポリカ波板の屋根を作るにあたり、その勾配を取るため40個ほどの束を、事前に

刻んでおいて、現場での作業がスムーズになるようにします。

 

その高さと角度は事前に引いたCAD図面から読み取ります。

 

渡す間柱材に束を立てた上に固定する野縁材を屋根下地とするので、その角度は

屋根勾配になっているほうが都合が良く、束上部は微妙な角度で刻むことになり

そこまでの作業は丸ノコですが、そのためにスライド丸ノコを用意。

 

道具が適切だと作業がスムーズで良いのですが、それでも暑さで汗びっしょり。

 

刻みを終えて、ブロワーで道具や作業着に付着したオガクズを飛ばし、洗面台で

シャワーを浴びて( 笑 )着替えれば、エアコンの効いた事務所内がシアワセ。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

自サーバーにMovableTypeをインストールして使用開始した当初、そう14年前は

アレコレ、セッティングや改変を繰り返しての試行錯誤の末、自身のイメージに

合致する体裁のエディタで文章を綴っていたのですが・・・

 

( 振り返ればその当時、WordPressと比較してユーザー数は半々か、ともすれば

MovableTypeのほうが主流になりそうな気配もあったのですが・・・ いまや! )

 

すでにソレも遠い記憶で、セキュリティのためバージョン3~4段飛びで行った

プログラム更新以降、スタンダードで使用しているエディタと出力されるhtmlの

イメージの差を放置したままにココまで。

 

昨日、思いついて勝手にちょっとセッティングを変えて、本日コレを書いている

とろこですが、裏目に出たのか、もうまったくイメージと違う。( 涙 )

 

このあと「 公開 」ボタンを押したあとで、生成される静的htmlを確認するのが

楽しみというか、哀しみというか・・・

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

湿度は高いけれど、暑いとは言い切れない、寝るに難しい季節。

 

エアコンで冷え過ぎるとジンマシンまみれになるので( 現在の居間のソファー

ベッドの上は室内機の直下となるし )扇風機の微風を選んだのに、出ていたのか

左手が浮腫でパンパンになり、痛カユくて3時頃から寝られない。

 

う~ん、自分自身の体調がコントロール出来ず暴走する症状は、行動範囲を狭め

「 出先でこうなったら 」的な不安がつきまとってカナワン。( 涙 )

 

ステロイドに頼れば快方へは向かうのですが、依存にならぬよう頓用にとどめて

おきたいけれど、どの季節も変化の途中がキビしく、ワタクシの中に潜む体調が

ついて行けないのでしょう。

 

さて、刈った細い竹2本の枝を整えて笹風にして、ヒモで括ってクルマに積んで

職場へ持って行って、水を張ったバケツに立てていたのですが・・・

 

葉が丸まってしまってアカンやん。

生け花ならぬ、生け竹を長持ちさせるには、どうすればいいの???

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ゲートウェイタイムアウトが生じて、このブログのダッシュボードに入られない

という現象が、昨日早朝より発生しており、今朝もそう。

 

たぶん、サーバーメンテナンスの影響ではないかと思うのですが、もどかしい。

 

サーバー自体も乗り換えたいとは思いながら、このドメインのメールサーバーを

利用されている方が複数名、すると乗り換えと同時にメーラー設定が必要となり

そのサポートが必要な方もおられるということで、なかなか思い切れません。

 

MTからWPへの乗り換えも試してみたい。

 

「 僕が運営するから記事をアップしてね 」と、ウェブ系に長けた友人にすべて

任せてスタートしたコレも、その後、ワタクシの自サバから発信したり、現在の

レンタルサーバーに乗り換えたり、タイトルをそのままに、なんだかんだ22年。

 

これからも続きます。( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

インターネットエクスプローラーを継続使用している方も少ないと思うのですが

サポート終了ということでニュースにもなっているソレ。

 

ワタクシのように何らかの理由で、他のブラウザと併用して使い続けている方も

最近のウィンドウズアップデート以降、IE を起動しようとしても Edge が勝手に

立ち上がってしまっているでしょうが、意図して強制的に IE を使用するならば、

Edge の " 設定 " から " 既定のブラウザー " " IE に Edge でサイトを開かせる "

「 なし 」にすれば、従来通りインターネットエクスプローラーの利用が可能。

 

一般ユーザーが、そこまでして IE を使う必要もないでしょうから、お決まりの

「 自己責任で 」など、意味のない注意を添える必要もないでしょう。

 

ただ、ホームページを発信する側としては「 ブラウザの違い 」は意識しておく

必要があって、ブラウザによってレイアウトが崩れていないか、とくにスマホの

ソレは要注意です。

 

意図せず Edge が Chrome になっている Win ユーザーは多いのかな?

 

EU では充電器等のコネクタを " USB Type-C " へと統一されるようで、Lightning

ユーザーからすれば「 なにするねん 」でしょうが、利便性は向上・・・する?

 

さて、ブラウザにしてもコネクタにしても、未来はどうなるでしょ?

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ひと月ほどかけて敷地斜面を巡り刈ってきた雑草は、最初の頃に刈った場所では

すでに存分に伸びて、庭より低い場所なので見えはしないのですが、隣畑の方の

刈払機の音が早朝から響いてくるので、ワタクシもそろそろ次のルーティン。

 

春から秋の草刈りシーズン中に、上記のソレを5~6周ほどでしょうか。

 

田舎暮らしは雑草とどう付き合って行くのかも重要課題で、実際のところやはり

健康であることが大切です。

 

ワタクシたちの町、市川町から " YouTube " など、ネット系メディアでの発信が

話題になっている、よしもと " 女と男 " 市川さんが、たまたま町名と同姓という

縁で田舎暮らし物件を購入して、草を刈り、木を倒して薪を割り、リフォーム。

 

興味あるチャレンジをされているので、検索してみてください ♪

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

その、枕元ビール彼女に「 七夕で使う笹の葉を取って来てください ♪」とお願い

されたワタクシ・・・ 「 笹の葉ってなんの葉 ?」「 竹とちゃうんですか 」

 

田舎暮らしのウチの敷地西斜面には、いっぱいの真竹が生えるのですが、先日に

短冊吊りにピッタリの背丈1~2m程度のソレをビシバシ刈ったところです。

 

しかし、イメージの中にある短冊がいっぱい下がった笹の葉は、竹と違って枝が

フサフサいっぱいあるような気がする・・・ 竹って意外にスカスカ。

 

しかしのしかし、集落の小さな神社のまつりの際に、境内に立てて綱を結ぶ竹は

ウチの竹が使われたりもするし。( それを先日、刈ってしまった訳で )

 

プラス、竹はサラサラな感じに見えるけれど、結構アクが強く、ワタクシなどは

竹に触れるとカユクなるんですねぇ~ と、ここまで言い訳をしておいて・・・

 

笹と竹の違いを調べようとウェブ検索してみれば( 似ているけれど違っていた )

「 造花があるやん !」( 造笹と呼ぶべきか )そんなに高くないし・・・

 

スタンドをセットすれば、価格はそこそこしますが、ワンタッチで結べる短冊も

一緒に購入できるし「 コッチにせえへん ?」

 

それとも軽トラに、ドーンと物干竿クラスの竹を積んで行きましょか?

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

インターネットから何かの情報を得ようとする場合、ワタクシの場合はほとんど

パソコンからで、スマホで検索することは滅多にないのですが・・・

 

ワタクシが管理する幾つかのホームページへのアクセス手段を簡易解析で見れば

もう圧倒的にスマホが使用されていて、パソコンからは1割もあるかどうか。

 

タマに指摘されるグーグル先生の指導通り、もっともっとスマホフレンドリーに

ホームページを更新して行かねばなりません。 m(__)m

 

加えて、もっと知識を蓄えねばならないのがSNSの利用方法で、とくにワタクシ

インスタグラムに関しての無知度が恥ずかしく、枕元ビール彼女( 検索で詳細 )

がリーダーを務めて率いている部署では、素敵なコンテンツを積み重ねてくれて

いるのに、ソレをみなさんに知ってもらう努力をせずにいたワタクシ。

 

「 申し訳ないぃ!」

 

が、「 インスタのアドレスってどう伝えるの?」「 QRコードで一発ですよ ♪ 」

「 こうして、こうやって 」ワタクシのスマホで、手取り足取り。( 恥ずかし )

 

で、知ってもらうためにはコレをアップしたらいいの?

ちょっとマジ、勉強せねばなりません。


labo_staff_s.png
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

移転した事務所から移動するには、色々なルートが可能なものの、東西南方向へ

移動するには( 北方向を除く )姫新線の踏切を渡り、一旦2号線へ出るのが良。

 

なのですが、ワタクシがその踏切に捕まる率の高さったらありゃしない。

他の職員方々はどうなのか・・・ 彼女曰く「 捕まった記憶がない 」

 

姫新線ですゼ。 と、時刻表を調べてみれば、およそ1時間に2本なので、上り

下り合わせて4本/時間。 1本あたり1分閉まっているとして4分/60分。

 

ソレに当選する確率の高いこと。( 勝率7割越え! )

 

「 キハ127 」( 2両編成 )・「 キハ 122 」( 1両編成 )を度々見られるのは

ま、良しなので「 やっぱりそうめん揖保乃糸~ ♪ 」と、CMに思いを寄せるのも

アリで・・・ 「 あぁ、キレキレのそうめんが食べたい 」

 

ディーゼル気動車は、かなりの速度で駆け抜けますし、どの時間帯でも乗車率は

高く、結構混んでいます。

 

「 よし、姫新線で旅をしよう! 」

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

積極的にうつ伏せ寝をしていると言えど、マクラを完全排除している訳ではなく

眠りに入る際は、およそ仰向けですし、横を向いたり、その反対横になったり。

 

寝返りを打つ回数と、睡眠中に目を覚ます回数には自信があります。( 笑 )

 

ま、目を覚ますと言っても、その後に寝られない訳ではなく、就寝中に10~20回

ほど目を覚まして時間を確認したりしますが、その後はスグに寝付くという。

 

で、ここのところマットを変えてみたりなど、色々と試しているのは、飼い猫の

" ゆず " が2階に上がって来なくてもいいように、ワタクシだけ居間のソファー

ベッドで寝ているから。 参照「 ネコが見る夢

 

で、マクラ。 仰向けや、横を向いて寝ている際にはもちろん使用し、明け方の

うつ伏せ寝になる段になってから外に追いやっていたのですが、いよいよ昨夜は

「 無くてもいいんじゃないか 」と、ハナからマクラ無しの実験。( 笑 )

 

眠りに入る前には違和感があったものの、寝てしまえばおよそ関係なく、もしか

すると「 首の調子いいんじゃない?」

 

アレコレ実験してみます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

午後からの用事で事務所へ出向いたので、ついでの事務作業を9割がた済ませて

各部署へ配達してからの帰路はクネクネ、ザックリと北へ向かいます。

 

通勤であれば往復が同じ道でも納得しますが、そうでなければ行く道と帰る道に

変化を求めるのは当然の行いです。( 笑 )

 

背景に写るサビ色のプラットホームが、レトロな感じで写真を撮ったことがある

ローカル線の踏切を越えれば、駅舎がすっかり綺麗になりカフェまで併設されて

これはまた立ち寄らせてもらわねばなりませんが、今日はそのまま北へ。

 

かわいいオシャレな建物群が、ちょっとした村を作っている、カフェ&アパレル

店舗を「 いい感じだなぁ~ 」と見ながら通過し国道合流、すぐに逸れて北へ。

 

環境学習センターは、設けられた頃に立ち寄ったきりなので、ずいぶんと年季が

入った感じになってきています。

 

アレ? 北へのつもりが西へ走って再び国道。 北上し交差点で東進へ切り替え

田舎暮らしの自宅へ向かっているのですが、まだ真っ直ぐには帰りません。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

かたやフランスでは、WEC第3戦 ル・マン24時間レースがまさに競技中。

 

現在、トップカテゴリーでガチンコのワークス対決が観れないのが残念なものの

耐久レースならではの面白さがあります。

 

ただ・・・ ワタクシは、1991年6月23日、マツダ787Bの優勝で燃え尽きた感が

あるのも確かで、あのときの興奮を期待して、日本メーカーを応援し続けます。

 

昨年、その優勝から30周年を迎え、マツダのホームページにメモリアルサイトが

設けられています。 『 ルマン優勝30周年メモリアルサイト

 

そこにはR26B、4ローターロータリーエンジンの写真掲載が貴重で、現在になり

再び、ロータリーエンジンが脚光を浴びているので、復活するか否か。

 

これからの自動車の動力源は、電気を用いたモーター一択ではなく、排出物質が

限りなく無害な、再生or自然燃料を用いた内燃機関に一票を投じたいところ。

 

例えば、水素を生成させずとも、海水を燃やして走って水を排出するとか。

 

技術者のみなさん、よろしくお願いいたします。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

モータースポーツの話題からも少々遠ざかっているのですが、今シーズンのF1は

レギュレーションの大幅変更により、野暮ったいデザインのフロントノーズから

解放されて、かつウィングの後退角など、かなり未来的になっています。

 

ミニ四駆の世界観に近づいてきたというか・・・ m(__)m

 

ボディカラーもメタリックな質感を出してきたチームが多く、そのカッコよさは

近年トップクラスのデザイン当たり年っぽいです。( 笑 )

 

まだ目を見張る結果には繋がっていませんが、日本人ドライバー角田裕毅選手が

昨年から引き続き、スクーデリア・アルファタウリチームのレギュラーシートを

獲得しており、ウワサでは来シーズンもイケるか? 後半の結果次第でしょう。

 

モータースポーツと言えども、ドライバーやライダーの体力が尋常でなく必要な

ことは広く知られるところですが、それを結果に繋げるには、操るマシンの状態

にも左右されるのが難しいところ。

 

モータースポーツにアマチュア参戦している方々は、そのマシンの確保も整備も

もちろん費用も自分自身、なおかつサーキットへ移動する時間や労力、走行料や

エントリーフィーも自己負担ですから、" 好き " に没頭するのはタイヘンです。

なので、人馬一体の結果がともなった際のヨロコビもひとしお。

 

さて今週末は、F1第8戦 アゼルバイジャンGP。

 

カスピ海に面したシルクロードの港町、バクー市街地サーキットで闘います。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

朝のあわただしい時間の中で、サクッと交換できたブロワーポンプ。

 

帰宅してみれば周辺に漂っていた臭気がすっかり消えているので、その電磁式の

ダイアフラムによる送気効果が、浄化槽にとっていかに重要かを身をもって知る

ところとなります。 ガンバレ微生物。

 

ただ今回、改めて意識すれば、ダイアフラム式ということは、休むことなくパコ

パコしているハズで、すると寿命も限られますし( 今回はポンプが停止していた

のでコイルが逝った? 正解は分解後 )なにより消費電力が、74Wh!

 

コレが24時間365日ですから、その電源を自家発電でまかないたいのです。

もしくは風力で直接、送気ポンプを駆動させるのもアリ???

 

・・・風車が欲しい。

 

あと、まかないたいのは、EEスイッチで暗い間点灯させている井戸小屋の照明や

未来の夢となる、庭の樹木を照らす照明とか。

 

" 発電 " & " DIY " などで検索すれば、参考になる記事がいっぱい見つかります。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

公共下水道利用の一般的な水洗トイレと変わらぬ便利さが嬉しい、田舎暮らしの

我が家の浄化槽式水洗トイレですが、フルリノベーション時には、動作すべてが

自動の最新式便器を、広いトイレの対角線上に設置するというチャレンジ。

 

ヒノキ材のフロアと高さを合わせたセラミックフロアを、部屋と平行にではなく

部屋の角から45度に張ったその上に据えて、その他小便器、パウダールームにも

使用できる幅広洗面台など、現在になっても満足度の高い自慢のトイレです。

 

その浄化槽に設置されたブロワーポンプが知らぬ間に故障し停止していたようで

業者点検の際に気づいてもらえました。 そういえばここ数日間、外に出た際に

浄化槽周辺で若干の臭気が漂っていたのは、このせいだったのでしょう。

 

急いで修理、もしくは交換が必要となるのですが、じつは・・・新品購入済みで

昨朝、サクッと交換。

 

24時間、365日、動作させ続ける機器となるので、浄化槽を設置してからすでに

13年が経過して「 そろそろ故障が近いな 」と、早めに入手しておいたのです。

 

浄化槽内の微生物を活性させるための空気を送っている機器となるので、これは

風力発電か太陽光発電とバッテリーを利用して、新たな電力消費をすることなく

動作させたい!( 電気代も節約できるハズ )

 

故障したブロワーポンプを修理して、実験を進めたいと思います。

 
 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

銀行に走り回る日になった昨日は、なかなかラッキーで「 どこも空いている!」

 

そのうち何か所かは、混めば駐車場に停めるにも時間を要することがあるものの

空いていたおかげで貴重な時間を確保することができ「 明日以降でいいか 」と

考えていた「 余分に銀行2か所も回れた!」という超ラッキーなオマケ付き。

 

まワタクシの場合、信号がちょっと連続で青だったり、珍しかったりカッコイイ

クルマとすれ違ったりするだけで、気分良くラッキーな日を過ごせますが・・・

 

オマケ付きと言えば、現在日々触れているグリコのオマケのような " クレンメ "

( 点滴ルートの途中にある、流量を調整するプラスチック製のアレね )新しい

事務所の長~い花壇で作る菜園に萌えている彼女が「 動画で見た、棚で育てる

スイカの水やりにクレンメが欲しい 」と。

 

ホームセンターの菜園コーナーに行けば、細い水やり用のホースなどとセットで

販売してるモノなの? 

 

日々の使用済みを流用できなくもなさそうですが、ちゃんと数を管理して医療?

廃棄物として返却処分しているので無理です。

 

そうそう、夜には20年以上ぶり?の彼から電話が入り、超久々の声を聴くことが

出来て、これまたラッキー!

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

まぶたを中心にジンマシンが出た昨朝は、もう眼球がツラくて( もしかすると

眼球そのものにも発症していたのではないか?)ちょっとモノが書ける状態では

なかったので・・・ m(__)m

 

眼球が直径0.5mmでも浮腫れば( 造語 )たぶん、相当にツライのだろうと想像

されるのですが、しかし、頓用に処方されているステロイドを限界量近く摂取し

3時間ほどすれば治まるのですから主因は明確。 わからないのは原因です。

 

さて雨が降り続いた月曜日は、一日中パソコンに向かっていたのですが、こんな

日のために「 屋根を作って♪ 」と1年前に頼まれ、すでに材料は用意済みなのに

造作する時間が取れず放置状態なソレを進めねばなりません。

 

まずは、それこそパソコンに向かいCADを引かねばならないのですが、なかなか

そこまでたどり着かないジレンマ。 m(__)m

 

まずは4本、材を継いで5mにしたいのですが、その継ぎ方が決まりません。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 

休日の昼食は「 ちょっと外で♪ 」と、パラパラっと検索して電話で予約したけど

まだナビに目的地入力をしていないので、その時間で着けるのかオレ?( 笑 )

 

ザックリ想像した所要時間とナビの案内時間には15分の余裕があったので、心地

よい気温に窓を下げてのんびりドライブ。 すでに何度も自慢しているのですが

ワタクシたちの町は、クルマでの移動メインならば素晴らしい立地で、東へ西へ

北へ南へ、家を出た瞬間からストレスのない快適ドライブが楽しめます。

 

今回も自宅を出てからすでに45分、信号は二度ほど青で通過したので、まだ一度

も停止することなく、新緑の中を走り続けています。

 

で、到着したのは柏原( かいばら )。 福知山線の大き目の駅があるからなのか

洗練されたお店がチラホラ、素敵な城下町です。

 

静かな時間が流れるイタリアンのお店で、ゆっくりランチを楽しませていただき

美味しいドルチェとエスプレッソで締めくくった後の移動先は、丹波の森公苑。

 

今朝、姫路城を望む大手前公園をスタートした、クラシックスポーツカーラリー

" コッパディ姫路 " が、たつの市、峰山高原を通過して、ここでもPC競技。

 

果てしないほどの芝が広がる公苑内を、クラシックスポーツが駆け上がって行き

観客の多いメインホール前で折り返し、下ってきながらのPC競技はカメラマン

向けのベストポジション??? ワタクシもスマホで撮影。

 

coppadi-himeji2022-01.jpg

 

見に行かれたみなさんのSNS写真には、意外にアップが少なかったので、キング

オブキングスーパーカーなカウンタックをアップさせていただきます♪ m(__)m

 

本日、日曜日13:20頃、再び帰ってくる場所、ラリーのゴールが大手前公園です。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

仕事を終えた帰宅への道も終盤、自動車道を降りて川沿いに北上すればこの季節

真っ暗な道路際にチラホラと人影。 そうホタルのシーズンが巡ってきました。

 

この集落で暮らし始めるまでは、ホタルを意識したことが無かったですし、そも

そもワタクシは、ホタルを見たことがあったのか、無かったのか。

 

それがなんとココでは、タイミングが合えばそれこそ降ってくるようなホタルの

乱舞に囲まれることが出来るのです。

 

そう、帰路の川沿いもですが、暗くなってスグの時間帯は、まだホタルも気分が

乗らないのか出現数少なく、しばらく経った午後8時台がホタルの舞踏会。

 

ホタル踊る川を横方向からではなく、橋の上からなど縦方向に奥行きを持たせて

見れば、多くのホタルが視界に飛び込んでくるので、より映えます。( 笑 )

 

とはいえど、道路際の川沿いでは、シーズンが始まったところで、ホタルはまだ

少ない様子でしたが、暗い中、自宅に着き敷地に接する小川を見下ろせば・・・

 

天の川のようにも見える蛍光グリーンの点滅が、上から眺める小川沿いに乱舞し

ときおりホタルが高く、ウチの庭まで上がってきます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

昼食に寄った店で、お隣の席の話題が聴こえてきてしまったのですが、どうやら

3名で宮古島へ行かれるようで、そんなハナシで盛り上がれるようになってきて

よかった。

 

その場からスマホで直接ホテルの予約が取れたようで、そんな旅に慣れていない

ワタクシとしては「 宮古島がそんなに簡単でいいのか? 」( 笑 )

 

沖縄本島より西側、台湾まであとわずかの、石垣、竹富、多良間、与那国の一角

でしたよね? 飛行機に詳しくないので調べてみれば、関空から直行便があって

2時間ちょいほど。

 

つい先日、ワタクシもテレビで紹介されているのを見て「 いつか渡ってみたいゾ

" 伊良部大橋 " 」と誓ったところだったので、タイムリーな話題がより嬉しい。

 

ワタクシの日本全国温泉行脚、湯を求めて訪れた都道府県で、関東数県と沖縄が

行ったことさえない県となるので、より強い思いがあるものの「 バックパックに

お気に入り作家の本を放り込んで島で過ごす 」的な時間の使い方は苦手かも。

 

ワタクシ、常になにかに追われています。( 笑 )

 

あっ、そうそう、隣の席にいたのはパイナガマビーチにインスタ映えするギャル

たちじゃなくて、オッサン3人組。

 

「 宮古島にパチンコ屋はあるんか? 」

「 そこまで行ってパチンコせんでもエエでしょ 」

 

みたいな会話が続いていました。(T_T)

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

自宅にしても事務所にしても「 まぶしい 」などの問題解消の必然性が無ければ、

「 すべての窓にカーテンを設置する 」ということに関して反対派のワタクシ。

 

カーテンを設置するなら「 本当にそこに必要か 」を、よく考えてから。

 

とはいえど自宅の場合は、外からの目線を遮るために必要だとか、寝室など遮光

遮熱する必要だとか、結果、ほんどの窓に必要だったりもしますが・・・

 

すると設置するならば、カーテンボックスを設けるなど、ちょっと費用をかけて

けしてカーテン本体上部にホコリが積もることのないようにしたいし、出来れば

畳んだ状態では、カーテンが仕舞われて見えなくなるのが理想。

 

新築やリフォーム、リノベーションの際には、こだわりたいところです。

 

で、新しい事務所・・・ 新築時「 カーテンの必要なし 」としていたのですが

この季節になって夕方の西日の射し込みが厳しくなり、ブラインドかカーテンが

必要になって、昨日、あらたにロールスクリーンを設置したのです。

 

大き目の窓、3か所からの西日がやさしく遮られ、無事完了となるハズでしたが

ワタクシのデスクに差し込むのは非常口の窓からで、ソコのロールスクリーンは

オーダーしてなかったし・・・

 

あわてて追加発注。( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

という訳で、ワタクシは掛布団を抱え階段を下り、1階居間のソファーベッドを

寝床にして、" ゆず " が頑張って階段を上がって来なくていいようにします。

 

田舎暮らしのウチのリノベーションの特徴は、いつでもソコを店舗に出来るよう

古民家に中古民家が増築された平屋造りの家を、飾り廊下でつなぐ二分割として

仮想店舗スペースと、居間スペースを完全に分けていること。

 

その居間側で " ゆず " は暮らしています。

 

ソコに住みながら年数をかけて、部分的に工事を施し実現して行ったので、当時

常に二部屋は工事中。 " ゆず " もワタクシたちも、住む場所を変えて行きます。

 

例えば現在は自慢のトイレのその工事中の2か月間ほどは、玄関先に置いた仮設

トイレを利用した日々とか、ソコ周辺の床が無かった期間は、バスタオルを巻き

お風呂へ行くため、家の中なのに地面へ下りなければならなかったり・・・

 

おかげさまで田舎暮らしの家の中のリノベーションは無事完了し、暮らしやすく

とても満足しているのですが、縁側が作りたいだの、大きな玄関庇が欲しいだの

そもそも外壁が傷んでいるだの、自宅外部が手付かずのままです。

 

敷地斜面の遊歩道など、庭づくりを含めて、いつか「 完了!」と宣言できる日を

目指さねばなりません。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

田舎暮らしの我が家の飼い猫 " ゆず " 。この集落にお世話になり始めて間もない

13年半前に、集落に入るための小さな峠で出会い、ワタクシの手のひらに乗って

我が家にやって来ました。

 

壁を落とし柱の立ちを修正し、風呂やトイレの位置を変更し、部屋を減らすなど

年数をかけてDIYで臨んだフルリノベーションの記録とともに育った " ゆず " は、

都度、暮らす部屋も移って行きました。

 

屋内リノベーションが完了してからの " ゆず " は、居間にしている母屋の1階で

ほとんどの時間を過ごし、夜はベッドルームの小屋裏の2階まで一緒に上がって

ワタクシのベッドの上に飛び乗り、最初の数時間だけ一緒に寝るスタイル。

 

とくにこの冬は、いままでになく毎日ワタクシの掛布団の中に潜り込んできては

夜中の間に何度も、出たり入ったり、出たり入ったり・・・ ( 笑 )

 

ただ3年前から始まった猫に多い腎不全にともなう点滴は、だんだんと悪くなる

検査結果にその回数が増えて行き、現在は容量の負荷を減らしつつの毎日点滴。

 

おかげさまで治療は関係ないほど元気に過ごしていたのですが、先月あたりから

活動が目に見えて減少し、現在は歩くのもフラフラで、ヒジやヒザの踏ん張りが

きかず崩れ落ちることも。 一日中、洗面台の下のマットの上で倒れています。

 

ひと月ごとに通う動物病院の先生からも「 もう、ゆずちゃんがイヤがるクスリは

無理に飲まさなくていいです 」と、安心して穏やかな日々を過ごすことが治療の

目的になっています。

 

なので、ワタクシたちが寝る段になっても、ここのところは1階のマットの上で

過ごし、2階に上がってくることは無かったのですが、遅くなった昨夜「 ドタ、

ガタ 」と、一段ずつ階段を上がってくる音に、あわてて布団を抜け出し見れば、

崩れながら " ゆず " が階段を這い上がってきます。

 

軽くなったそのカラダを抱き上げ、ワタクシの布団の上へ。

 

低いベッドですが、降りたくなったときに備えて、薄めの箱で階段を作ってやり

そのガリガリになった背中を撫でながら " ゆず " が「 いい夢を見れますように 」

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

集落の一斉草刈りが完了し、引き続き自宅の出入口周辺の石垣の草を刈ります。

道路と一段下がったところにある田の石垣面も、その上も下も草まみれ。

 

と、1時間半ほど刈ればキレイになってちょうど昼時。

流れた汗をシャワーで流し、昼食は冷凍ホタテをバターで炒めたパスタ旨し。

 

午後からは一輪車にツルハシ、シャベルを用意して、ウチの玄関先の庭を整えて

土留めが完了する以前に流出した土が、低い場所で溜まっているソレを一輪車に

載せて運び上げる作業を繰り返します。

 

土はカチカチに固まり雑草も茂っているので( 午前中に刈った )砕き運ぶのは

結構オオゴトで、土を載せた一輪車で畦を行き、田に下りるため用のスロープを

道路まで押し上げるにはフルパワーが必要。( 笑 )

 

8往復ほどしたでしょうか・・・

 

自作カーポートに増設した薪棚の支柱の足元の土が若干、やせてきているソコに

運んだ土を投入して固めます。

 

夕暮れ時まで動き続けて汗を流し、気持ちいいゾォ。

 

しかし! 日頃の運動不足がたたり、今朝はカラダじゅうが痛い。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

事務的作業では極力、タッチパッドやマウスに手をやることなく、キーボードで

完結させたいところですが、ペイント&ドロー系ソフトウェアの使用においては

マウスに頼ること99%( 笑 )もっとショートカットキーを覚えねばなりません。

 

で、マウス。

 

メインPC用には、トラックボールが上側にあって、ソレを親指でコロコロさせる

タイプを使用中ですが、カーソルを画面上のドコに移動させても、マウス本体を

動かす必要はまったく無いので、散らかったデスクの上では最適です。(T_T)

 

しかし、ワタクシ的にはペイント&ドロー系とは相性が合わず、ソッチのPCでは

超シンプルな、フツーのマウスで作業をしているのですが、お勧めがあります?

 

という訳の昨日は、ドローソフトと向き合い没頭するという、シアワセな時間を

過ごし、そのままインターネットから入稿できる、重ねたシアワセ。

 

その後のたった数日で、自身のイメージが印刷物となって届きます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 四畳半2個分サイズのひと部屋を、大きくなりつつある兄弟姉妹3名で使用

しているので、それを区切ってそれぞれの部屋に出来るのか? 」という問い。

 

はたしてワタクシは、適切なアイデアを持ち合わせているのか??

 

単純に割れば、ひとりあたり3畳のスペースがありますが、たぶん、その9畳の

部屋に入るドアは1か所?でしょうから、まず入ったところに踊場的スペースが

必要で、そこに3枚のドアが並ぶ???

 

いや、どこかに接する壁に新たなドアを作るほうが比較的容易かも。

筋交いの位置などを考慮する必要はありますが・・・

窓がある部屋と、無い部屋になる?

 

入口問題が解決するとして、ひとり2畳半ほどのスペースに、デスクとチェアと

ベッドを置いて圧迫感なく、快適に過ごそうと思えば、どんな工夫が必要??

 

天井は低くなるけど、天地方向への分割もアリですね。

 

たとえば押入れをイメージして、上下それぞれ逆方向からのアプローチとすれば

2×1mほどの平面で、2人分のベッドスペースが確保できるし・・・

 

カプセルホテルのような、短辺からのアプローチも加えれば、それだけで3人分

のベッドが出来る・・・ のか???( 笑 ) リネン交換の工夫が要るな。

 

アタマの中でアレコレ練ってみて、無責任にアイデアを提案してみよう!

m(__)m

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

アタマの中でアレコレ温めているウチに、建築資材はドンドン価格が上昇するわ

入手さえ難しくなるわ、家を建てようとされている方にはツライ時代突入なのか

逆にチャンス到来なのか・・・

 

1月末に引越した物件の、引渡し3か月後点検が実施されました。

 

なんら問題なく、カッコよく便利に使っているのですが( ワタクシの基本設計

段階で「 こうしておけばよかったかも 」と感じるところは数か所あり )唯一、

洗濯機が3台並ぶ脱衣室の奥の、浴室周辺からの異臭が気になるところ。

 

浴室の床の手前と奥側に、細いステンレスグレーチングの排水が2か所あるので

そこのトラップが機能していないんじゃないかと訴えるべく、ワタクシは初めて

浴室の中まで入れば・・・

 

「 毎日の徹底した清掃をありがとうございます 」

 

その日の使用終了後には、グレーチングを外してステンレス製の排水溝の中まで

しっかりと掃除してくれているのですが、トラップを外して掃除して、そのまま

セットせずに、毎日、乾かしていてくれたのね。

 

トラップのワンが外してあるので、当然、浴室内には異臭が漂うのですが・・・

それを知らず、3か月間「 構造的な問題があるのでは? 」と思っていました。

 

あぁ、勘違い。( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

昨日は彼女の誕生日、ワタクシはソレを久々年ぶりに忘れずにいれたので、朝一

起床の際から「 お誕生日おめでとうございます 」と伝えることが出来ました。

 

彼女もワタクシも、おかげさまの忙しい一日で、バタバタと通常よりも遅くまで

仕事が続いたので、夕食は外で済ますことにした帰路には「 今夜の生ビールは、

君が飲めばいいよ 」と、ワタクシの男前なセリフ。

 

ギョーザつまんで「 プハァ~ 」と、彼女が「 生ビールはやっぱ旨いわぁ 」

 

という訳で、何回目でしょ? 一緒に暮らし始めてから、たぶん36回目あたりの

誕生日を迎えた彼女に、あらためて「 おめでとうございます 」

 

彼女も、いや、ワタクシも、一緒に活躍いただいているみなさんも、健康に十分

気をつけて、ますますガンバらねばなりません。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

あっ、ワタクシの「 うつ伏せ寝 」の場合、マクラはナシね。

 

普通のマットレスの上に、CMで聴いたりする効果ありげな薄めのマットを置き

ソレらをクルッとゴム入りシーツで巻いて、これまた四隅をゴムで留める方式の

ベッドパッドを敷いた上で、マクラを隅に追いやって。

 

うつ伏せだと、掛布団を引き寄せるのが若干難しいです。( 笑 )

 

で、やはり一番効果を感じるのは、敷布団が両肩を後ろ側に押すカタチになって

縮みがちな胸を開いてくれること。 周辺の血流が良くなるような気がします。

 

寝返りを打った側臥位( 横向き寝 )の際には、アタマの下にマクラを挟みます。

 

マクラが合う、合わない問題は、おもに仰臥位( あお向け寝 )の際に生じるの

ですから、その問題から解放されるのもオマケの効果。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

さっそく「 大人のうつ伏せ寝 」を試してみたみなさん、どうでしたか?

 

睡眠中に比較的多く目を覚ます( 10~20回くらい? )ワタクシの場合、寝入る

際は仰向けか横向きですが、寝苦しい夜や、明け方に目を覚ましてからの睡眠を

" うつ伏せ " とすることで、起床後の肩や、首周りの調子が良いと感じています。

 

実体験先行だったので、あとでコレを書くために検索してみれば、寝相に関して

色々な解説があるので、参照してみなければ・・・

 

で、寝相よりもオオゴトなのは、この季節、田舎暮らしの明け方の寝室の室温は

そこそこ下がり、布団から出していた両方の手が冷気に反応して、ジンマシンで

パンパンに腫れあがり、現在 " ドラえもんの手 " 状態。

 

キーボードの操作難しく、歯ブラシが持ちにくく、手のひらがカユイのツライ。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

サクッと自作小屋周辺、井戸小屋周辺の草を刈れば( と言っても1時間半ほど )

これで田舎暮らしの自宅周囲、すべての場所の草刈りを終えたのですが、最初に

刈った場所では、すでに次の草刈りが必要な頃になってきています。

 

来週は集落の一斉草刈りなので、刈払機のシャフトのギア部分にグリスアップを

施し、刃を新品に交換してから、自作小屋の梁に垂らしたS環に吊るします。

 

さて夕暮れの気配が漂い始める時間、水が張られて稲が植えられた田に空が映り

その空から高く遠く行く飛行機の音が響き聞こえる時間、炭に火をいこしてから

シャワーを浴びて出てくれば、湿度低く快適な初夏の風。

 

新品の網を七輪に高めにセットして、お届けものの干物を、じっくり、ゆっくり

炙れば、シアワセな夕暮れの時間が流れます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

水曜日だったかな? 市役所へ出向いた際に、1階ロビーでスレ違った懐かしい

顔に、勇気を出して声を掛ければ( 互いにマスクをしているので判別しにくい )

「 おぉ、久しぶり! 元気にしてた? 」

 

会釈をかわしておきながら「 アレ? 誰だっけ? 」と、不明なままにした後悔が

残らないよう積極的に声をかけるようにしています。

 

・・・結果、見ず知らずのヒトなこともタマに。 m(__)m

 

で、市役所の1階ロビー。

 

共通の懐かしい面々のハナシになれば、「 〇〇〇ちゃんテレビに出たんですよ。

" マツコの月曜から夜ふかし " に 」

 

「 背景のひとりとして? 」

 

「 いやいや、企業取材の際のインタビューを受けているんですよ 」

 

と、スマホのアルバムを繰って見せてくれたのは、その出演時の動画と思いきや

映っている一瞬のテレビキャプチャ画像。

 

ワタクシのアタマの中の記憶では、線の細い、押せば折れそうな、色白の華奢な

イメージだったので「 こ、これは同一人物か? 」「 大企業の社長になった? 」

 

「 間違いなく、ひろっちゃんです 」「 総務部長として活躍しているそうです 」

 

そう説明する彼の、首から下げた名札を見れば、立派な肩書があって、ワタクシ

ウルウル「 息子たちが順調に立派に育って 」( ・・・テレビの彼の体重が )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ご多分に漏れず " 運動不足 " なので、やれ「 田舎暮らしの自宅に鉄棒が欲しい 」

だの、人生いまだ利用したことさえないのに「 スポーツジムに通いたい 」だの、

好き勝手を言うだけになっている昨今。

 

歩くのは大好きなので、日々の移動を徒歩ですればいいのですが、なんだかんだ

やはり「 かかる時間の捻出が難しい 」と、これまた試しもせずに。

 

以前の事務所の立地は、駅前周辺へ徒歩圏だったので( 自転車が多かったけど )

歩く機会もタマにはあったのですが、中心地から若干外れた、現在の場所からは

やはりクルマに頼った移動になってしまうのが悔しい。

 

気づけば姿勢を正し、前方に縮もうとする背筋を伸ばし、肩を開きます。

 

で寝相。 ウスウス気づいていたのですが、マクラを使わずにうつ伏せに寝れば

おのず肩が開いて首にもやさしい感じ。 ハタから見れば倒れていますが・・・

 

他人もそうなのか、彼女にすすめてみれば「 顔に線がつくからうつ伏せはイヤ 」

と、とりつく島も無し。

 

肩凝りや首凝りにも効きそうな、大人の「 うつ伏せ寝 」

体験者みなさんからの肯定や否定、いい道具等々、情報お待ちしています。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

集落の急な用事で早退したので、それが終わった夕暮れ前からの草刈り。

 

日曜日にたっぷり刈っておいた、その残りの西側南寄り斜面を、一番下側の小川

沿いから刈り上がって行くのですが・・・ 「 川幅が広がった? 」( 笑 )

 

ここに越してきた当初は、この斜面にはワラビが育ち、さらさらと流れる小川は

浅く、軽く飛び越せていたハズ。

 

対岸は田んぼなので、自然石を積み上げた護岸が作られているものの、ウチ側は

土のままの自然地形なので、台風などの増水を繰り返すごと、相当な量の土砂が

削られている感じです。 一部、小さな淵になってるし・・・

 

いつの日にかこの一帯を遊水場として整備したい思いはあるのですが、それこそ

コンクリートで固めたりしたら台無しなので、どうすればいいの?

 

向かいの田んぼのように、自然石を積み上げられればいいのですが、それは今の

時代に、いやワタクシに可能なのか??

 

そもそも、水際そのものは、たぶん「 いらえない 」のでは??? コワイし。

アイデアお待ちしています。 ・・・藤棚や、水車が欲しい。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

一昨日の帰路では、道路の反対側の道端に立っている、二十数年前の知り合いを

偶然見つけたものの、クルマだったのですぐに停車することが出来ず、クルッと

回って反対車線のソコに戻るまで「 居てくれよぉ 」と祈りながら。( 笑 )

 

何がビックリかって、二十数年前とまったく変わらぬ容姿に、気づいた訳ですが

もしかしたら「 息子さん?」の可能性もあったのですよね。 本人でよかった。

 

勇気を出してUターンしたおかげで、しばしの懐かしい談笑が出来てウレシ。

 

それにしても、見た目にまったく歳をとっていないのは、何か不老不死の秘密が

あるのではなかろうか? m(__)m

 

さて、帰路が逆を向いたので、いつもと違う道を選べば「 そういえば昔、ココに

" 岩下レーシング " というステッカー屋さんがあってなぁ 」( 記憶違いがあれば

申し訳ないです )「 大昔、一緒に来てアンタがロゴ入りジャンパー買ったやん 」

 

えっ! そうやったん?

 

各種のクルマ、オートバイ系のレーシングステッカーが豊富に揃えられた店内は

その他、レーシングキャップやブルゾンなども置いていたのか・・・

 

35年ぶりくらいに思い出した記憶です。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

テレビで亀岡市が紹介されて「 篠山のちょっと向こうやな 」とワタクシ。

「 わたしのふるさとの川向かい 」と京都府八幡市出身の彼女。

 

「 えぇ~、そんな位置関係とはちゃうやろ? それは亀岡市を勘違いしてるで 」

「 そんなことはないよ。 あの亀岡やろ? 」

 

と、テレビを前にした血みどろの争いに決着をつけるべく、居間を立ちあがって

トイレ前のスペースに設けたニッチ本棚の中に揃えた、全国ツーリングマップル

から関西版を取り出して、居間に戻ってパラパラめくれば・・・

 

ま、確かに372号線沿い、ワタクシの「 篠山の向こう 」と言えなくもないけれど

丹波篠山市からは、まだだいぶ距離を残している感じ。

 

対し、彼女の「 八幡市の川向かい 」も淀川を挟んで( 桂川、宇治川、木津川の

三本が八幡市で合流して淀川になる!)大山崎から天王山、そのずっと向こうに

亀岡市があって、ま、強引に「 川向かい 」と言えなくもないけれど、篠山から

亀岡までの距離とほぼ同等。

 

快走の372号線だと一本道でスグな感じですし、かたや京都縦貫道の大山崎から

のれば、亀岡までは「 あっという間 」っぽい。

 

この勝負、引き分けか?

 

という訳で、テレビなどで紹介される日本全国興味が湧く場所を、すぐに地図で

確認して実際に自分自身で移動する場合に置き換え、なぞってみるのが楽しい。

 

一家にひと全集。 ツーリングマップル( クルマならR版がおすすめ )北海道

から九州沖縄までを揃えておくことをお勧めします。( 笑 )

 

地元ドライブでも「 関西版 」があれば楽しいよ。

 
 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

田舎暮らしの集落では来年、ここに住ませてもらってから3度目の、役員当番が

回ってくるのですが、世帯数が少ないので頻度が高いのは仕方のないところ。

 

集落の会計など厳しい面も多々ありますが、ワタクシたちを含めたすべての人が

安定して、安心の日々を過ごせるよう務めさせてもらわねばなりません。

 

はたまた職場側でも2か所、同様のものに参加しているのですが、現在、大きな

変化の最中なので結構な頻度で集まりがあり、まさに昨夜がそうだったのですが

「 会合は1時間以内で 」との提案が実を結び、テキパキ進行するのがいい感じ。

 

しかし、会計の厳しさはどこも同じです。

 

どこも最近はチラホラ、より若いパワーの参加も見られるようになってきており

それぞれの世代、とくに高齢者よりの世代やワタクシたち世代は、自身の役目を

しっかりと理解して、闊達な意見交換へ参加し、蓄えた知識の提供は必要ですが

新しいパワーのジャマをしないよう気をつけなければなりません。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

深夜あたりから左手が腫れだし、痛くて眠れずベッドを抜け出し、ステロイドの

服用で、ようやく明け方近くにウトウトすれば起床時間。( 涙 )

 

起きて見れば「 うおっ! 」と声が出るほど、左手がパンパンになってるやん。

 

昨日はちょっと気合を入れて、午前1セット午後から2セットと、1日中かけて

敷地北側から西側の斜面の草刈りを行って、足腰ヘロヘロ、刈払機のハンドルを

握る両手の親指、人差し指の間が疲労していたのは確か。

 

すいぶん以前に、他の工事がどんどん進んで行くのにワタクシ1人が間に合わず

24時間以上ぶっ通しで電気工事をした際にも、左手がパンパンに腫れあがった

ことがあるのを思い出しました。

 

しかし今回は、もしかして「 なにかに刺された? 」可能性も否定できず。

 

草刈り中はずっと、ラバー引きグローブを装着しているものの、竹やぶなどヤバ

そうなシチュエーションもテンコ盛り。 毛虫系だと遅延して腫れる・・・か?

 

草刈りをあと回しにしている目の前、庭が一面シロツメクサに覆われています。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

休日の昼食はちょっと出かけて、あなご重とお蕎麦を楽しませていただきます。

「 旨し! 」

 

田舎暮らしの我が家から近くもないのですがアクセスが良く、自動車道を繋げば

30分足らずの信号2個で到着することが出来るのも Good !

 

と、ここまで出かけてきたので、大きな池が借景の( バイパス工事のため空池 )

大人気農協直営マーケットで、いちごと新鮮野菜の買い物。

 

移動して、彼女が仕事用のスニーカー2足をお買上げ。 「 ん? アレは?? 」

という訳で、すぐ近くのワタクシ的に話題のロープライスユートピアスーパーに

立ち寄らせてもらい、圧倒的なパワーを勉強させていただきます。

 

ここのウェブサイトの構成も勉強になるなぁ~

破格的プライスに、思わずヒレ肉のブロック買っちまったよぉ~

 

帰路には下道繋いで、夕暮れ時の「 soraかさい」。

時間を外せば、予約なしでも大丈夫。( かな? )

これだけの施設が入館無料。

学ばせていただきます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 欲しければいつでも手に入れられる 」( 家電レベルね )状態に疑問も感じず

生活していたので、生産や流通の停滞による「 ちょっとやそっとじゃ入手不可」

な現状に、ちょっとビビっています。

 

本年初頭に完成した会社移転工事も、当初から材木をはじめ、各種設備の入荷が

懸念されていたのですが、元請&施工各方面の方々の努力によって、予定通りに

竣工を迎えることができたものの、その後に完成する他の現場では、ボイラーや

トイレ機器の入荷が未定で、建物は完成したのに竣工に至れないとか・・・

 

ニュースで知ったのですが、現在「 洗濯機が入手できない 」とか。

万が一、壊れることがあれば、すぐに必要な家電の一つですね。

 

ワタクシが修理を繰り返し、ダマしダマし使い続けてきた、ウチの斜めドラムの

全自動洗濯機は、いよいよ基盤がイカれ、見たところコンデンサのパンクが原因

のようでしたが、留守中や就寝中に回すことが多く、なにより安全が第一なので

ついに修理せずに買い替えるという、ワタクシにとっての屈辱。( 笑 )

 

すでに、昨年末頃のハナシで、彼女の選んだ機種が購入できる時期でよかった。

で、届いてみれば、なんだかんだ最新モデルは便利で、なにより静か。

 

ただ・・・ 平成中期頃のモノの値段で見積もっていると、洗濯機もビビルほど

高級になっています。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 リメイク工事完了 」と宣言しながら昨日は、天井裏の防犯カメラ線の端末を、

壁面から出すべくの電気工事。( 工事と言っても配線の引き回し変更のみ )

 

で、フルリノベーションから年数が経っているにもかかわらず、自身で工事した

天井裏のキレイさや、わかりやすい電気配線を自画自賛しながら。( 笑 )

 

そう、リノベーションの初期段階で、給水、排水、電気配線には、十分な手間と

費用を割いており、給水は指定業者に依頼してメーターを交換、外部裏手にある

そこから以降、および屋内すべての給水管を新しいモノへと変更しています。

 

また、築古年のマンションなどに共通する問題として、排水管の配管経路不明と

老朽化があげられますが、フルスケルトンにした際に確認しうるすべてを特定し

縦管から横管へ切り替わるエルボ部は、万が一トラブルが生じた際のアクセスが

容易なように100パイの掃除口を設けています。

 

電気配線についても、電灯、動力とも、電気室以降のケーブルをすべて引き直す

手間をかけて安心の給電。

 

完成後には隠れてしまう部分に、どれだけの気を配れるかが、リノベーション&

リフォーム予算の難しさです。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 貼る 」を使うのか「 張る 」なのか、いまだ悩みますが、久々のクロス貼り。

 

腰下のみ補修のための一部施工なので面積は少ないのですが、いま貼られている

クロスは約4年半前の施工なので、まず心配なのは「 同じ品番があるか? 」

 

品番は変更になっていましたが、同じ柄があり、すでに10m分を入手済みですが

リピートがある柄なので、ソレが合うかどうかが不安です。

 

ソフト巾木を外し、貼り替える範囲にカッターを入れ、古いモノを剥がします。

 

リピートを合わせ、ロールから大きめに切り分けたクロスに、養生の上でノリを

細ローラーで塗り、乾燥しないように畳んでオープンタイム。

 

慎重に柄を合わせて・・・ と以下、施工手順をハショリますが、結果オーライ

貼った本人が見れば、経年分かロットずれか、古い側のクロスと微妙に明るさが

違うようですが、補修を知らなければバレることはないでしょう。( 笑 )

 

マスキングテープで囲った壁面の下部とソフト巾木に、たっぷりボンドを塗って

これまたオープンタイムを取ってから、ローラーで圧着。 よし、よし。

 

造作工事の作り付けの棚や靴箱、ワタクシが製作した建具や枠、その他の木部の

地肌が覗いた傷を、同色オスモカラーで着色し拭き取れば、これまた、補修跡が

ほぼ判らなくなって、よし、よし。

 

1回あたり2~3時間ずつに分けての、リメイク工事完了です。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

という訳で、工事用の太いキャブタイヤ延長コードに( 消費電力が高いだろう

機器の電源を延長する場合には、許容電流の大きい延長コードを使わなければ、

その能力が発揮されない )ヒートガンを繋いで使用開始。 初ヒートガンです。

 

H200 x 2000 アクリル板が3枚、合計 6m ベタで貼られたカッティングシートを

剥がさなければなりません。

 

ヒートガンを使用した作業でなければ、永遠に不可能と思われるシート剥がしも

温めながら行えば、千切れずに剥げることには剥げるのですが、力が要ることに

変わりなく、気づけば強い摩擦で皮膚が浮き水泡が生じたり、擦過傷になったり

指のアチコチがボロボロ。

 

それでもナントかカントか 6m を剥がし終え、アルコールで拭いて、脚立2台に

足場板を渡した上に乗り、無地になったアクリル板を外部看板にハメ直します。

 

ヒートガンが無ければ不可能な作業でしたので、購入しておいて助かりました。

一家に一台ヒートガン。

 

さて次回、久々のクロス貼り編。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

修理っぽいのが続きます。( 笑 )

 

デイサービスが移転して、より広くて素敵になっているのですが、友人大工さん

とワタクシが協力して作った、現在は空き家になっている以前のデイサービスを

「 使いたい 」と言っていただける方が現れたのでメンテナンスを。

 

その一つが「 浴室ドア硝子交換 」ですね。

 

で昨日は、外部電飾看板( これもワタクシが製作した♪ )から、アクリル部分を

取り外すところまでを進め、貼られているカッティングシートを剥がすため用に

以前から欲しかった、ヒートガンを購入。

 

コレを使用して温めれば、上手く剥がすことが出来るか!?

 

腰高で貼り分けた壁クロスも傷んでいるところがあるので、面単位でワタクシが

施工するために、クロス用ボンド( 糊 )も購入しておきます。

 

カッティングシートが上手く剥げるか心配ですが、ワタクシの久々のクロス張り

も上手く出来るかどうか、かなり不安。( 笑 )

 

帰社後には「 ペーパータオルホルダーを取り付けてくださ~い♪ 」の、甘い声の

願いに応えるのですが、そのためには照明器具を動かす必要があって、はたまた

そのためにはスチール製の取付プレート、アルミダイカスト製の本体に電源線を

通す、大きめの穴を開ける必要があるという、かなりオオゴトな作業。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

なんかずっと直しているような気もしますが・・・ とにかく直します。

 

田舎暮らしの我が家の、主にそこで過ごしている居間スペースと、客間や厨房や

トイレなどがあるスペースとは、短い廊下で繋がっているのですが、そこにある

ニッチ( 飾り棚 )の上部に仕込んだ、装飾極細蛍光灯が切れて早やひと月以上。

 

廊下の照明はソレのみなので、夜間の移動時に困りながら、交換用の蛍光灯管を

探すのですが、当然すでに生産が無く、やっと似たようなサイズのLED装飾照明

器具を入手して、丸ごと交換。

 

ニッチと言えど、縦1m、横2mほどある大きなモノですが、その上部の奥まった

ところに仕込んだ器具を交換するのは結構オオゴト。

 

無事に交換が完了し、明るく安全に短い廊下を移動出来るようになりました。

 

さて、次は依頼された掃除機の修理。 足を引っ掛けてプラグの根元で断線して

電源コードがコードリールに巻き込まれてしまいました。

 

掃除機をバラすしか方法はないのですが、プラスチック一体成型のような本体を

無事にバラすことが出来るのか? たぶんそれが修理の99%と考え臨みましたが

クルクルとゼンマイバネで回り過ぎたリールを、どの程度戻せば再び巻き込みが

スムーズに行くのかを、試し試してセットするのに意外な手間が。

 

さてさてその他、現場修理のための道具の準備、ハイエースの荷室に足場板2枚

一間脚立2台など積み込んで備えます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

田舎暮らしの自宅の薪棚に積まれたまま、もう何年も利用できず、旬を過ぎた薪

それも今回は針葉樹の軽い薪を( 薪ストーブには密度の高い広葉樹の薪が最適 )

軽トラックの荷台に、スリキリいっぱい積んで移動させます。

 

前回、今回と2度の移動で、薪棚の1/3が空きました。

密度が高くて重い広葉樹の薪を、また補充しておかなくてはなりません。

( 乾燥は1~2年程度が適しており、長く置き過ぎると薪の燃焼力が弱る )

 

荷台に載せる際は早いですが、移動先では丁寧に薪棚に積み上げる必要があって

時間がかかるものの、こんな作業に活躍するのが " てみ " 、一家に一台です。

 

さて、薪を積み上げれば移動して、借りているジャリ駐車場2台分の草引き。

「 貸主さんに対策して欲しいなぁ 」と思いつつガンバります。 オオゴト。

 

またまた移動して、車に注意しつつ車道と歩道の際に生えた雑草の草引きですが

そこに土が溜まるから草が生えるので、その対策を何か施したいところです。

 

で、軽トラ移動ついでにホームセンターに立ち寄り、4mものの材木を大量購入。

1年以上前からオーダーを聞いているアレの製作に・・・ かかれるのか?

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

割れた浴室ドアのガラス( と言ってもプラスチック製 )を入れ替えます。

 

折れ戸の天地2枚のうち、1枚が割れたのですが、その部分だけの部品の入手が

不可であれば、アクリル板を購入して2枚とも入れ替えればバレないと( 誰に )

思うので、まずはドアを外して分解し、プラガラス単体を取り外します。

 

と、ここまでで結構、四苦八苦。

 

なかなかスムーズに分解できませんし、バラせばバラしたで、掃除が必要となる

箇所がいっぱいで、なかなか前に進みません。( 笑 )

 

さて、外してみれば、t2 x 306 x 1853mm で、ホームセンターでは入手不可そう。

 

純正部品の入手を模索した結果、なんとかはなったのですが、片側だけで結構な

お値段にビビリつつ、ま、カットする手間が省けるのでヨシとします。

 

という訳で、届いたソレをハメて、固くなったパッキンの再利用中に、力余って

ドアアルミ材の断面でザックリと指を裂き、マスキングテープのグルグル巻きで

作業するハメに。

 

無事、完璧に直っています。 ドアが。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

子供の日は休めたので、家の掃除、草刈りに励みます。

 

そう、すでに今シーズン2度目となりますが、草刈りに追われる夢を見る( 笑 )

季節に突入しています。 てか、もうすぐ真竹の成長にも追われるハズ・・・

 

昨年には、夢のガレージ建設用地として少し敷地が広がったので、草刈りを行う

範囲も広がって( とはいえ書類が整ったのが昨年で、草刈りは2年ほど前から )

いくつかのブロックに分けて進めているソレも当然、より時間がかかるように。

 

子供の日には、よその畑と接する " 南の南ブロック " と " 南斜面 " を行います。

 

さて、刈払機の燃料ワンタンク分、約2時間程の草刈りを終えて、斜面を上がり

帰ってくれば、エアブローでカラダのホコリを飛ばし、七輪に枯枝を突っ込んで

炭を乗せ、火をつけておいてからシャワー。

 

再度、洗濯したての作業着に着替えて表に出れば、炭は白くいこり、夕暮れ時の

空には、高く飛行機が次々と飛んで行きます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • labo_staff_s.png
  • labo_staff_s.png
  • labo_staff_s.png
  • labo_staff.png
  • coppadi-himeji2022-01.jpg
  • 20050425_hiace.jpg
  • rebirth-village01.jpg
  • hanayasu01.jpg
  • makidana_20220411.jpg
  • yuzu252.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 7.8.2