田舎暮らしの自宅裏手駐車場造成工事は、当初のイメージよりも平地になる

部分が多くなりつつ日々進んで行くので、帰宅後に現場を見るのが楽しい。

 

ただし元々の地面を削った場所は、地盤が沈下する可能性はほぼ無いものの

少しの面積とはいえど、埋め戻す場所では地面が下がるのを極力防ぐために

砕石投入量や突き固め方など、色々と対応してもらう予定で進めています。

 

さて、ワタクシが引いたガレージ図面では、屋根材や外壁材、そして価格が

懸念のシャッターの選定を進め、その納まりを図面に落とし込みます。

 

で問題は、ガレージ内の天井や内壁はナシで建ててもらって「 必要に応じて

あとから自分自身ですればいい 」と考えていたものの、シャッター内部側の

納まりと、ガレージ内の天井や内壁が絡むことに気づいた。

 

一般的な巻き上げ式ならば、天井付近のケース部分だけなので、内壁問題に

あまり影響しませんが、オーバースライダータイプの場合は、そのレールの

固定に広い面積が必要になるので「 あとで内装 」が難しい。

 

う~ん、価格が同等ならばオーバースライダーにしたいのですが・・・

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 薪割りの応援、行きますよ! 」と言ってもらえるのはウレシイのですが

実際のところ、斧を振り下ろして「 パカーン! 」と割る作業よりも、その

サイズ未満の枝部分を、サイズを切り揃えて、薪棚に積み上げて・・・

 

地味な作業の繰り返しで、薪を1トン分、2トン分と積み上げて行きます。

 

garage_20240612-01.jpg

 

水分もたっぷり含んでいて、このサイズだと重くてビクともしないのですが

チェーンソーで40cmくらいに玉切りし、斧で1/8程度に割って乾燥させます。

 

garage_20240612-02.jpg

 

かたや、太い幹以上に、いっぱいなのが枝ですが、これは割らずに長さだけ

切り揃えて薪棚に積むことになり、地味な作業が延々と続きます。

 

で、約1年間ほど乾燥させて、やっと使える " 薪 " になる訳ですから、その

切り揃えたり割る手間、積み上げて乾燥させる期間など考えれば、いやはや

ここでもまた、ヒトの繰り返す力というのはスゴイなぁ。

 

遠くに見えている山も、歩けばたどり着きますし、登ろうと思えば、頂上に

立つことも出来るのですから。でも隣を見れば、もっと高い山。( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

まだ " 幹 " の状態で " 薪 " にするには、玉切りして割らねばなりませんので、

先は長いのですが、薪棚に相当積み上げられる量の丸太が入手出来てホッ。

 

そう、田舎暮らしの自宅裏手駐車場造成工事で、そこに高く茂っていた大木

数本が伐採され、ザックリ切断してくれたモノを、一昨日、昨日と現場から

移動させて積み上げました。

 

garage_20240608-01.jpg

 

先週、6/8(土)には石積に続く右側斜面が青々と茂っていましたが・・・

 

garage_20240611-01.jpg

 

昨日、6/11(火)の現場には、まだ細い木々は残っていますが、高く茂った

カシやクヌギが伐採されて、現場がずいぶん明るくなりました。

 

駐車場として利用できる地面の広さも、徐々にイメージ出来るようになって

この写真を撮った側を背面に、横幅12m、奥行7m( 芯寸法 )のガレージを

建設予定ですが、石積がスゴ過ぎて予算が大丈夫なのか不安。( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

自宅裏の駐車場造成工事を、お願いしている業者さんからメール「 ちょっと

現場を散らかしたまま帰っています 」ということで帰宅してみれば・・・

 

そびえるような巨木数本が伐採され、現場には幹や枝葉が山積み状態にあり

このままでは明日の作業に影響してしまう。そうワタクシが「 薪にしたい 」

とお願いしていたので、置いていてくれたのです。

 

暗さ迫る中、さっそく作業着に着替えてから、大きなモノは1本ずつ抱えて

腕ほどの太さのモノは束ねて抱え、現場から離れた庭に積み上げるのですが

大量にあるので、運んでも運んでも、なかなか減らない!

 

いっぱいの広葉樹が入手できた喜びに包まれながら、もうすでに真っ暗な中

ひたすら運搬。なんとか造成現場から移動させておきたい。

 

伐根はまだなので、人力ではどうにもならない極太部分が夜が明けた今日に

なるでしょうか・・・ いよいよ、薪割り機が必要な気配です。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

その昔は「 イカが食べたい 」とバイクのソロで夜を徹して高速道路を走り、

佐賀県呼子の朝市と新鮮なイカを楽しませてもらったのですが、土曜は家の

アレコレを済ませてから、昼食にイカを楽しみに出掛けます。

 

旬のモノを食せば、75日ほど長生きできる?( 笑 )

 

道の駅に立ち寄れば、新鮮野菜や地場産物など、スーパーのように買い物を

する彼女は、トランクスペースに保冷バッグを忘れません。

 

朝一番は商品出しとのタイミングが難しいですが、午後からだとお得&人気

商品が売り切れていることもあるので、道の駅は昼前がベスト。( カナ?)

 

さて新鮮なイカと刺身とゲソ天の昼食を楽しんだあとは、助手席でウトウト

な彼女はそのままに、ツーリングマップルとナビを併用し、漁港に寄ったり

毎度の極細狭路で山を越えたり、分かれ道で地図を見るのが楽しい。

 

山を越え谷を越え、県境を越えて、フルーツの品揃えが豊富な道の駅に着き

その後の大きなスイカころころは、時系列逆転の昨日参照です。m(__)m

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

起床してすぐの早朝にコレを書くのですが、土曜に遊ばせてもらった翌日の

日曜日は早朝から夕方まで、草刈りに始まって草刈りに終わる、ほぼ1日中

外にいたので、土曜日のアレコレを時系列を無視して。( 笑 )

 

季節のフルーツを手に入れたくて、帰路にはぜひ立ち寄りたかった " 道の駅

はっとう " 。ライダーの聖地、若桜鉄道 " 隼駅 " に近く、ライダーが集まる

道の駅として、八東フルーツ総合センターとして、はたまた踏切などの鉄道

信号機製造工場が地元にあるので、マニアックなその関連グッズなど、なか

なかコアな道の駅で、ワタクシの聖地でもあります。( 笑 )

 

道の駅に硬券切符、駅舎で使われていた電球、はたまた踏切制御子28,000円

リレーなどが販売されていて、見ているだけで楽しい。誰が購入するんだ?

 

ちなみにバイクグッズ、ツーリングバッグなどの販売もある道の駅です。

 

さて、目的のフルーツたっぷり新鮮野菜もたっぷりで、どれも欲しくなって

困るのですが、大きなスイカ丸ごと1個を購入し、転がらないよう工夫して

クルマに積み込むのですが・・・

 

そのあと帰路の29号線、戸倉峠が貸切であまりに気持ちよく、快適に流せば

スイカがコロコロ転がりだし、道端に停めて積み直すのですが、その間にも

抜かれたのはバイク1台のみで、引原ダム~南波賀あたりまで貸切快走路。

 

道の駅2か所をスルー、" 播磨いちのみや " でソフトクリームして500m戻り

峰山を越えて帰宅です。

 

スイカは無事か?

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 わたしのといれをどうするん?」と言っているのか、現在工事中の裏手の

空き地や庭で楽しく遊んだり、用を足したりしている隣のネコとなかよし。

 

明るさ残るうちに帰宅が出来た一昨日は「 工事がどこまで進んだかな?」と

歩いて回るワタクシについてきて、一緒に現場確認。

 

garage_20240606-01.jpg

 

「 にゃ~にゃ~、おっちゃん、わたくしのといれどうするん?」

 

自然が残るウチの敷地は( オオゲサ )トイレはちょっとだけれど、動物の

楽園になっている様子で、昨日の帰宅時には、振り向いたからだを伸ばして

ヘッドライトを眩しそうに見つめるキツネ! タヌキもキツネもいるよ。

 

いつだったか、集落に入る峠の道路上で、ミミズクフクロウ系の大きな鳥が

1.5mをこえる羽根を広げていて、バサッとひとあおぎで飛んでいった。

 

有線で( 無線だけど )「 熊を見かけました 」とか「 はぐれた猟犬 」など、

情報提供されるのは日常なものの、先日の集落道普請の際に「 はぐれた猿を

見かけた 」という情報もあったのですが、サルはやめて欲しい。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

タマにはということで、給油ついでの洗車をお願いしたガソリンスタンドに

ハイエースを預け、徒歩で信金2か所をハシゴして、いつもの喫茶店昼食。

 

よく顔を合わす会計事務所の先生と食後のプチ会談( 笑 )を完了させれば、

最短と思うルートで、路地から路地を抜けてガソリンスタンドへ戻ります。

 

そう4年半ほど前に、マジ直線的に向かおうとして山を越え、墓場迷走した

いわくの行動です。( 参照:2019.11.03 墓場迷走 )注:墓場写真あり。

 

気になっていた、すごいガレージの高級住宅の前に、路地を曲がって出れば

「 どこのメーカー?」と、シャッターの隅に貼られた、ロゴシールを確認。

若干、アヤシイのは重々承知するところですが、徒歩でないと叶いません。

 

さらに路地を曲がり、接するお宅が更地になっていた、日本一短い橋を渡り

 

sakaibashi10.jpg

( 参照:2019.09.05日本一探訪

 

参道をズンズン進み西へ曲がれば、大昔に駄菓子屋があった向かいあたりの

民家とともに高照神社。景福寺山山裾の細い路地を抜けた先の醤油醸造所は

現在もソコで造られているのカナ?

 

播磨之国岩端大師を通過すれば、ガソリンスタンドはすぐそこです。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

いつも気をつけているのに、その時だけボタンをかけ忘れ、胸ポケットから

スマホを落下させて、これまた運悪く小石に当たって液晶面にヒビが入って

しまったのが、先週の日曜日、集落の道普請終了間際。( 涙 )

 

しかし、保護フィルムにはピキッと線が入ったけれど、そのおかげで実際の

液晶は守られ助かった。以前のスマホからだと助けられたのは3回目かな。

 

保護フィルム必須。( 笑 )

 

当然、すぐに購入してモノはあったのですが、貼るには慎重さが求められる

先延ばしの10日ほどをおいて、やっと作業完了。過去一上手く貼れた!

 

と再び、キレイになったそのスマホとスマートウォッチをもっと連動させて

アクティブに使いこなしたいのですが、ワタクシのモデルの情報が少なくて

ナニが出来るのかが理解できないままに、腕時計の液晶にメールやアプリの

通知が表示されるのは便利だけれど、意図しないタイミングで。( 涙 )

 

あろうことか現在時刻までスマホで確認する始末で、せっかくなのでもっと

積極的に活用して「 おっ 」と言わせたい。誰に?

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

お寺での緊急工事が入ったそうで、10日間ほど停止していた石積工事現場は

昨日より再開し、下段のゴールが見えつつあります。その間には大雨の日も

あったりしたのですが、あたり前ですが現場はビクともしていません。

 

garage_20240604-01.jpg

 

なかなかの、お城っぷりに感動。( 笑 )DIYではなく、プロに依頼している

とはいえど、いまの時代、新規の野面積みは希少ではないでしょうか。

 

コンクリートの間知ブロック( 長方形を交互に斜めに積み上げてあるアレ )

の方が施工性は高いですが、田舎の風景が味気なくなるので避けたかった。

石積の裏側をコンクリートで固めています。

 

さて、下段の石積の右端はココが終端となり、上段はココから土地の形状に

沿って右奥へと繋がって行き、駐車場とする平地をL字型に囲う予定です。

 

いよいよ、夢のガレージの仕様も決めて行く必要に迫られつつあるのですが

以前も悩んだように・・・ ちょっとオシャレなシャッターは高価!

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 明日につなげるために敗因を探ります 」と、ココで書くくらいですから、

仕事上のソレではなくて、昨日の写真のハナシの続き。

 

比較的に最近では、憧れの " 千里川土手 " に立った際もそうだったのですが

撮りたいモノを、どう撮れば、そのときの思いが伝わるのか? @ スマホ。

 

アップした写真と、その時のワタクシの思いとの間にギャップがあります。

 

そうワタクシはソコに立って、低く頭上を通過して着陸する飛行機にメチャ

コーフン&初めて来ることが出来たウレシさいっぱいだったのですが、その

思いは伝わらない写真を撮りました。

 

もっと引いて、現場の雰囲気を入れた写真にすべきだったのか?

 

例えば土曜日のクルマの写真は、競技場所が市役所駐車場ということもあり

殺風景で「 背景に入れてもなぁ 」の思いと、クルマの重厚感を出すために

と考えて逆光側で撮ってみた結果、被写体に寄り過ぎて、その場の雰囲気が

伝わらない写真になってしまっているのでは?

 

ということで、2年前はどんな写真だったかココを探せば「 ドライブ日和

背景に見学者が写り込んでいるけれど、コッチのカウンタックの方が車両の

前方に空間があり、当日のワクワク感が伝わってくるような気がします。

 

「 寄り過ぎだったな 」と、探った敗因を、次回のシャッターに繋げますが、

目的の被写体が小さくなってもなぁ、と悩むところです。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

いまのところカメラを持ち歩くのも荷物が増えるので、写真はスマホで撮る

選択肢のみですが、カメラアプリには露出優先やシャッター速度優先などの

意図した写真を撮るモードもあるので、もっと駆使したいところ。

 

が、しかし、その操作方法を覚えていないままに、いつもプログラムオート

で撮っているので、先日のクラシックカーラリーの写真などは、いま思えば

もっと工夫したかった。露出アンダー気味にするとか、流して撮るとか。

 

いや、流して撮っていたんですよ。( 笑 )ピッタリなタイムを競うゴール

付近にいたので、人の歩く速度くらいのクルマを。まったく流れてないし。

構図もイマイチで、停まっているクルマを撮ったようになっています。

 

次から次へと歴車がチェックポイントを通過して行くので、色々とスマホの

撮り方を工夫して、練習するチャンスいっぱいだったのに・・・

 

写真を撮る際には、もっと意識して上手く撮れるようになりたいです。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

「 昼食どうするん?」と聞いてくるので、ワタクシの悪だくみはナイショに

「 工場跡をDIYでカフェにしてるトコがあるよ 」と、ほぼ無信号ドライブ ♪

 

駐車場も元工場の屋根の下で、デザイン系事務所なども併設され、ポップな

BGMが流れる中でクルマを停めれば、その作りにワクワクが止まりません。

 

carpenters_kitchen01.jpg

 

素敵な空間のオープンキッチンを横目に、背をかがめてゲストスペースへと

移動すれば、ここもまた素敵な空間。ちょっと粗目のDIYとポップなポスター

などがイイ感じを演出してくれ、もう居るだけで楽しくなってきます ♪

 

carpenters_kitchen02.jpg

 

" 黒田庄和牛のローストビーフ丼 " を楽しんだ後で、デザートにはちょっと

食べ過ぎの( 笑 )" キャラメルナッツパンケーキ " & " いちごのパフェ " 。

 

※デザート《 インスタから 》《 FBから

 

「 イオンに寄って買い物して帰ろか 」の彼女に「 ちょうどクラシックカー

ラリーが近くの市役所の駐車場にやって来るから、ちょっと見てみる?」と

白々しい思い付きの悪だくみ。ルートを逆走してすれ違うだけでも楽しいと

元々、コッチ方面に来たかった。( 笑 )

 

天気が良すぎて、エアコンも無いオープンカーでナビをしている、奥さんや

彼女や友人もタイヘンですが、配られた小旗を振りながら、市役所駐車場の

隅っこの日陰に隠れている彼女もタイヘン。

 

※参加車両01《 インスタから 》《 FBから

※参加車両02《 インスタから 》《 FBから

 

時折、他の観客と一緒に競技場所の脇でスマホを構えるワタクシの元に来て

「 ダマされて炎天下に連れて来られて・・・ もうエエか? 満足したか?」

「 いや、あとちょっと、金色のフェラーリが来るまで 」

・・・横で他人が笑とるし。

 

参加者の方々、スタッフのみなさん、参加車両の数々「 楽しませていただき

ありがとうございます 」 6/2(日)11:00頃に姫路大手前公園ゴールです ♪

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

晴天に恵まれた土曜日から日曜日にかけては、姫路大手前公園をスタート&

ゴールとして開催されるクラシックカーラリー「 コッパディ姫路 2024

 

2年に一度、往年の名車が現役として、エンジン音を播州路に響かせます。

 

ワタクシは今年の開催を信用金庫に貼ってあったポスターで知ったのですが

そのデザインのワクワクさせてくれる出来栄えは部屋に1枚欲しいくらい。

 

今日のルートを確認すれば・・・

 

お昼を挟み、宍粟市役所~ヨーデルの森~西脇市役所でPC競技を行うようで

ルートを逆走すれば、クラシック&ネオクラシックカーに出会えるかも。

 

そう、フェラーリ308、328あたりもネオクラシックカーとなるんですね。

 

デザインは一番カッコいいフェラーリだと思うので、コンディションが良い

個体を夢のガレージに停めておきたい1台ですが、中古車価格は超上昇。

 

ソレでいつかこの大会に参加してみたいです♪

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

5月から6月は世界三大レース、モナコGP、インディアナポリス500マイル、

ル・マン24時間が開催される季節でワクワクするところ。すでに2レースは

ゴールしていて、モナコで8位と角田裕毅選手が活躍中です♪

 

が、歴史ある市街地レースも、現代のレーシングカーのパワーとサイズには

適合が難しくなってまったく抜けず、予選がすべてな感じになっています。

 

さてF1次戦は、6/9(日) 深夜というか月曜日の明け方開催になる、カナダGP

ですが、ジル・ビルヌーブ・サーキットの名シーンといえば、それを見ると

いまだ涙ぐむ( 笑 )佐藤琢磨選手駆るスーパーアグリF1チーム " SA07 " が

フェラーリ、マクラーレンを抜いて6位入賞!@ 2007年

 

純日本のプライベートコンストラクターとして、現在のところ最初で最後の

フル参戦チームですが、大きな夢を与えてくれました。

 

そのF1でまさに活躍中、角田裕毅選手の来シーズンのシートが話題になって

いますが、トップチームへの電撃移籍があるか、ないか、はたまた、現在の

シートが確保できるか・・・ レーシングドライバーとしての能力に限らず

スポンサー力など複合的なパワーが問われるプロスポーツです。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

理解してしまえばどうってことのない仕組みなものの、ワタクシが判断する

ものでもありませんが、定額減税( 住民税・所得税 )効果感じるかなぁ。

 

ま、しかし消費行動向上を期待する趣旨には賛同するところで、ワタクシを

はじめ「 みなさん!買わねばなりません、遊ばねばなりません 」( 笑 )

 

さて、住民税減税1万円×( 本人+扶養人数 )について、特別徴収の場合は

( 給与天引き )本来12回払いの内から1万円を引いて11回払いとなります。

 

例えば、住民税年額24万円の方の場合、従来は月々2万円が天引きのところ

1万円が減税された23万円の11回払いになるので、月々約20,900円。つまり

住民税無しの月は1回あるのですが、月々引かれる額はアップします。

 

う~ん、お得な感じするかなぁ・・・

 

はたまた、所得税減税3万円×( 本人+扶養人数 )の方では、例年、年末か

年始の年末調整還付を、おこづかい的に期待されている方は、減税額で先に

享受している分があるので年調還付金が減ります。

 

バラ撒き施策には反対ですが、消費行動向上という面を期待するのであれば

給与に紛れ込んだ減税よりも、まだ給付の方がマシな気が・・・

 

マイナンバーひも付き口座への一括入金オンリーで。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

オートバイにしてもクルマにしても、ニューモデル情報には敏感であるよう

心掛けているのですが、最近は二輪系に「 弱くなっているなぁ~ 」と実感。

 

せめて競技車両っぽい、トンがったモデルだけでも情報を確認するようには

しているものの、街中で見かけても同じカタチに見えてモデル名が分からず

なんかその知識もアヤシくなってきています。

 

四輪系はEVをはじめ話題が絶えませんし、デザインも薄目が流行っている

ものの、それでも個々の特徴を出そうとガンバっているのは感じます。

 

オマケにコレを世界が日々読んでくれたのか、EVのみ未来があるムードは

衰えて、最近では新型エンジンの発表があるなど、どこかの会長さんの名言

とおりに「 敵は炭素であって内燃機関ではない 」。

 

さて昨夜、スポーツカーの新型モデルの一部発表があり、それまでアレコレ

ウワサされていた内容が確定したのですが、ドンと排気量アップがあるかも

ハナシが流れたのはザンネン。マニュアルミッション設定ナシ。

 

走りのモデルに、従来には無かったハイブリッドが導入されたのは興味深く

彼女が乗っているクルマも、濡れた路面での発進時など " E-Four " が効いた

小気味よい加速と安定感は「 次も " E-Four " にしよう 」と思わせます。

 

「 ムカシはなぁ 」と言っているようでは進歩ありませんが、それにしても

ちょい昔と比べての、クルマの価格上昇もハンパありません。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

現在進行形の石積現場は、今週は別の現場に入るということで、事前に一旦

休みなのは聞いていたのですが、見れば、土が露出していた斜面はしっかり

ブルーシートで養生され、台風接近に備えた対策がとられています。

 

garage_20240527-01.jpg

 

まだ下段が施工中の石積ですが、上の段を積み始めれば、駐車場敷地全体の

スペースが見えてくるでしょうから楽しみであるとともに、その地面に対し

ワタクシの図面がハマるのか・・・ 問題が生じませんように。

 

garage_20240527-02.jpg

 

反対側から見た現場は、大きな木の緑と土の小山に挟まれた地平線の( 笑 )

向こう側が、下へと石積になっています。

 

その最奥部に、こちらに入口を向けて夢のガレージ建築予定で、スペースは

横幅 12m+α 、奥行 7m+α が必要となります。

 

見えている土の部分が舗装された空きスペースになればいいのですが・・・

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

有馬を抜ける前には、そこに住む知人宅駐車場前を通過してみれば、まさに

その駐車場でエンジンカバーを開きクルマの整備中。互いに「 久しぶり!」

 

「 明日のミーティング参加に備えて整備中 」とのこと。相変わらずクルマ

&オートバイ好きなのは、趣味を通り越してカッコいい人生。

 

彼が過去にイジった指を折ったくらいでは数えきれないクルマ&オートバイ

の選択のどれもが、時を経た現在となれば、超プレミア価格となってしまい

入手そのものが困難になっています。

 

さて、そんなプチドライブから明けた日曜日は、朝一番から集落の道普請で

汗を流し、それに続いて自宅斜面に伸びはじめた竹を刈らねばなりません。

 

シャワーを浴びて昼食にすれば、午後からは気になる場所を人力の草引き。

真竹がグングン伸びはじめれば、ホタルの季節がやってきます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

互いの誕生日は「 おめでと 」以外、何もなく過ごす日がほとんどでしたが、

今年は彼女のソレが休みの日と重なったので昼食を予約し、ちょっと贅沢を

楽しむことに。休日を安心して過ごさせてもらえる関係皆さんに感謝。

 

高速道路へのアクセス抜群な、田舎暮らしの自宅からは1時間もかからない

お気に入りの有馬へと向かったのですが、東へ向かえば立ち寄る赤松PAでは

ちょうど地元農家の方が新鮮な野菜を並べ始めていて、会話を楽しみながら

いきなりカゴにスーパー並みの買い物をする彼女。

 

さすがの有馬温泉は賑わいに人が溢れる駅前、御所坊界隈を横目に奥へ進み

初夏の緑に包まれた閑静な立地の料理宿でいただく、ちょっと贅沢な昼食は

接客が素晴らしく、まさしく「 ザ・演出&おもてなし 」

 

彼女の誕生日に寄せてもらうことを伝えていたので、サプライズまであって

「 美味しい食事と楽しい時間をありがとうございます 」

 

宿の金泉を貸切で満喫させてもらい、玄関前に回してもらったクルマに乗り

クルッと山側から芦有ドライブウェイに入れば、すれ違うクルマに眼福。

 

東六甲展望台から街を眺め、芦屋に下った食後のデザートもちょっと贅沢に

" アンリ・シャルパンティエ " で「 クレープ・シュゼット季節のフルーツと

バニラアイス添え 」、彼女の「 芦屋プラウドティー 」と「 エスプレッソの

ダブル 」があったのが嬉しいワタクシ。

 

スムーズに走りたいので、一旦東へ西宮へ出て、苦楽園から甲陽園と抜けて

西宮北インターから中国道を、西日に目を細めながらの帰路です。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

昨夜が満月だったとはいえど、田舎暮らしの夜は真っ暗で、道を歩くことも

困難になるので、宅急便屋さんなども懐中電灯必携です。

 

という訳で、帰路のファミレスで会合を終え自宅に着けば真っ暗だったので

懐中電灯を片手に、現在進行中の石積現場を覗きに行きます。@ 徒歩30秒。

 

garage_20240524-01.jpg

 

スマホのカメラすごいわ。肉眼ではほとんど見えていないけれど、しばらく

「 保持せよ 」のタイマー画面の指示通り構えていれば、ここまで写るのね。

 

下段上端の水平部分が伸びてきました!

 

このあたりですでに背丈を越えていて、もう少し写真右へ進んだ下段の一番

高くなる場所では6m近くになるでしょうか?

 

これは、野面積みの城だな、城。( 笑 )

 

手の遅いワタクシも、夢のガレージ図面の屋根材や外壁材を選定し、図面の

鋼材胴縁ピッチなど、施工に適したものにして行かねば!

 

正面、柱仕様部分には石材を貼る予定ですが、その下地は何仕上げ?

 

そもそも、金属サイディング直貼り工法の手順を知らないので、メーカーの

サイトから納まり図などダウンロードして、勉強せねばなりません。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ちょっと早めに職場を出て、夕刻から他の施設見学をさせてもらいます。

 

敷地には10~12室ほどのオシャレな2階建ワンルームハイツが2棟、空室を

拝見したのですが、アイデアでシンプルにまとめられた室内は効率的に生活

できそうで、ワタクシが住みたい。( 笑 )

 

片側の建物には食堂があって、広くはないのですが、これまた機能性重視の

設計が仕事をしやすそうですし、清潔を保つうえで重要。

 

なにより素晴らしいのは、見学対応をしてくれた方の対応で、飾ることなく

無駄なく適切に、1時間ほどにわたる見学&説明&質疑応答をしていただき

「 ありがとうございます 」たいへん勉強になりました。

 

さて、学んだことを活かさねばなりませんが、まず見習うべきは施設本体を

はじめ、敷地内の整理整頓および清掃が行き届いていることで、油断すれば

すぐに汚れたり散らかってしまうそれらを、どう管理して行くのか。

 

・・・反省と課題です。m(__)m

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

携帯電話やスマホで時間確認が出来るようになり、それ以降はツーリングや

冠婚葬祭など以外、腕時計を装着することなく過ごしてきて、アウトドア用

腕時計は電池が切れ、機械式腕時計はワインダーの中で回りっぱなし。

 

さて、彼女から「 歩数の目標設定が出来たり、睡眠の質がわかるから 」と

勧められて、何十年かぶりに購入した腕時計=スマートウォッチなのですが

いまだ「 時間を確認したい 」と思った際には、スマホを見てしまいます。

 

ついでに言えば、便利な機能はアレコレあるようですが、つい面倒くさがり

まだ把握していないので「 おっ、アプリの通知が表示されてるやん 」とか

「 メールも確認できるのか 」とか、受動的に体感中です。

 

積極的に使わなければモノの持ち腐れなものの、時計表示させているだけで

カッコいいデザインなので気に入っていますが、歩数を確認しなくちゃ!

 

どうやって?( 笑 )

 

じつは・・・ コレに関してはワタクシにしてはめずらしく衝動買いではなく

1年ほど前に、ナニかで広告を見かけて以来、どこかで現物を見てみたいなと

ついでがあれば時計店を覗いてみたりしていたのですが、取り扱いショップが

無くてもう忘れかけていた頃に、ウェブ上で見つけての購入に至っています。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

大きな石を1個ずつ積み上げるのですから、さすがに日々劇的に進む訳では

ないものの、なんとか陽のあるうちに帰宅し、工事現場を見るのが楽しみ。

 

garage_20240521-01.jpg

 

中間に段差を設けた2段積みにする、下段の上端が見えてきました!

この高さに50cm程度の歩ける幅を設けて、2段目を積み始めます。

 

ただし、ココでは低いものの、写真の奥の方へ行けば行くほど高くなるので

下段の石積にも、手前と奥で段差を設けることになるでしょうか。

 

で、石積の裏側はコンクリートと栗石を突き固めて埋め戻して行くのですが

土砂を多く使った場合、完成後の地面は数年に渡って締まりながら下がって

行くので、今回の場合は早々に実用とする予定を考慮した工法を依頼。

 

梅雨前線が近づいているようですが、工事は天候に左右されるので、どうか

長雨にはならないようにしていただきたい。( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

田舎暮らしの自宅裏手の駐車場造成に向けて、その前段階の石積工事現場の

進捗は天候に左右されるのは仕方ないところですが、その目的である駐車場

面積が拡大されるイメージが、徐々に見えつつあるような、まだのような。

 

garage_20240520-01.jpg

 

それにしても積み上げられる石そのものがデカいので、くれぐれも安全第一

気をつけて工事を進めてください。

 

さて週が明けて事務所に出れば、遠い出身地へお墓参りに出向いたお土産が

あったり( 岩国もちありがと!)顔にケガをして出勤してきた女子とか。

 

「 ど、どうしたん?」

「 キックベースボールで熱くなりすぎて・・・」

 

「 ん???」

「 親 vs 子供たちとの練習試合だったんですが・・・」

 

痛々しくて詳細をネホリハホリ( 根掘り葉掘り )は聞けなかったのですが

ケガをしてまで子供たちと闘った、その試合に勝ったのか負けたのか・・・

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

先週と今週、土曜と月曜が3:25と超早起きなので、土日のリズムが乱れ行動

範囲も狭まりよろしくない感じなので「 エイヤ!」っと、お出掛け昼食。

 

まだ一度も訪ねたことがなかった、ラベンダーパーク多可へ行ってみようと

お昼ごはんは、そのすぐ近くの龍玄庵さんで ♪

 

田舎暮らしのウチから、そこそこの距離はありますが、数えてみれば信号は

たった2個の本日オールグリーンで、快適快走ドライブが楽しめます。

 

というか、ドライブ&ツーリング好きの方は、ぜひ市川町に移住を!( 笑 )

 

さて現地は日曜なこともあってのイベント開催中で、BGMにベンチャーズの

コピーエレキサウンドを生で聴きながらラベンダー畑を歩くのですが・・・

 

ちょっと早かったかな? 行ってみようと思われる方は、ホームページから

「 お花情報 」を、しっかりご確認ください。m(__)m

 

歩いたあとでの休憩は園内のカフェで、ラベンダーカフェオレ&ラベンダー

クリームソーダが爽やかでシアワセ ♪

インスタから 》《 FBから

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

薪ストーブのある田舎暮らしの自宅ですが、ソレを活躍させるには、1日を

家で過ごす生活で、コトコトと夕餉の食事を煮込んだり・・・

 

休日ならば可能ですが、冬は草刈りに追われなくなり、出掛けたくなるので

なかなか家でじっとしていません。( 笑 )

 

makidana_20240518.jpg

 

という訳の「 使用 < 補充 」で、ココには薪が山積みあったのですが・・・

 

薪ストーブのある、調理特化型のデイサービス「 デイカフェ・クックラボ

ソコで使用するために、せっせと運搬したら空になっちゃいました。( 涙 )

 

もう圧倒的に「 使用 > 補充 」の状態に!

 

空になった機会に防腐塗料を再塗布して受け入れ準備万端、薪棚には割った

広葉樹をいっぱい並べたいのですが、現在のところ自宅裏手の駐車場造成で

生じる立木伐採分しかアテが無いのが不安です。

 

間伐材で作る、針葉樹の薪は大量に入手できるルートが見つかったのですが

薪棚を広葉樹でいっぱいにして、冬に備えた安心感が欲しいところです。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

拠点Aに移動して電気工事。( 有資格者しか出来ません@ワタクシはOK ♪ )

壁面の高い位置にコンセントを増設します。

 

ほとんどの場合、既設壁面コンセントへの配線は天井から降ろしてあるので

床から 20~30cm にある一般的なコンセントの真上ならば、ソレへの配線を

捕まえることが出来ますし、もし無理でもそのコンセントから送り配線する

ことが可能です。

 

ただし、外壁に面する壁の場合は、その裏にグラスウールが入っているので

新たな配線を設ける場合、通線工具などソレを通過させる工夫が必要ですし

アイシネンなどの固い発泡ウレタン系の断熱材の場合は困難。

 

という訳で、家の内部にある間仕切り壁の場合はイージーですね。

 

例えば、すでに壁コンセントのある、その真裏にあたる反対側の壁に新たな

コンセントを、送り配線で容量の足りる器具のために設けることは簡単。

 

トイレの中にコンセントが無い場合などに、運が良ければ露出配線をせずに

純正仕様( 笑 )のコンセントが増設できます。

 

注意が必要なのは、裏側に設けるコンセントの高さ方向の移動は可能ですが

間柱があるので横方向への移動は困難で、いずれにしても既設コンセントを

引き外して、壁の中の様子を探ることが重要です。

 

アレレ? 壁面取付する液晶モニターのために、ワタクシが壁に穴を開けて

増設工事した、電源及びビデオケーブル用コンセントの話を書くスペースが

無くなったぁ~!

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ワタクシが「 その本を購入したのはいつだった 」とココを検索してみれば、

" 本を買ったよ。「石積み入門」 " という内容を3年ほど前に書いているのが

見つかって、自分自身のホンキ度にビックリ。( 笑 )

 

その本の内容は人力が前提ですし、田舎暮らしの自宅のアチコチに、先人が

築いている石垣もそうなので、ワタクシが想像していた石積みの石も、当然

そのサイズだったのですが・・・

 

garage_20240516-01.jpg

 
 

中4日ぶりの現場で始まった石積工事の、その石のデカさにビックリ!

 

鋼製のワイヤーネットで運び込み、バックホーで積み上げられた大きな石は

ワタクシが想像していた " 石垣の石 " の10倍以上ありそうなサイズ!

 

その裏はグリ石とコンクリートで固められます。

 

この一段目の上端には幅50cmほどの歩行路分の段差を設けて二段目となり

最高地点では6mほどを築かねばなりません。

 

先人が築いた石垣には6m近い場所もあるので、無理ではないのでしょうが、

ひとりで運べるサイズの石で、その高さを積み上げるには強度に相当不安を

感じるところで、ソレがこのサイズの石となれば安心感が違います。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

先日の「 Jw_cad 」もそうですが、大変便利に利用させてもらているフリー

ソフトが「 Clibor 」で、過去にコピー&ペーストした文章( テキスト )を

履歴で記憶していて、いつでも呼び出して使うことが出来るソフトウェア。

 

定型文も登録できますし、常駐監視してクリップボードを記録しているので

すっかり忘れていたアレを( その際にコピペしていたら )引っ張り出して

再利用することが出来るのです。簡易的な保存手段としても利用中 ♪

 

その他、テキストエディタやFTP( ファイル転送プロトコル:ホームページ

更新内容をサーバーと同期させる )などで、フリーソフトに頼っていますが

いまだ、フォントに関する「 これ!」というソフトには出会っていません。

 

さて、昨日は仕事に関わるシェアウェア( 有料ソフトウェア )を導入して、

来月からの定額減税に関する作業効率アップに備えたのですが、なかなかに

事務方へ負担を一任する制度というか・・・

 

その他、業界的な変更もある来月ですので、いまから( すでに遅いですが )

準備を進めて行かねばなりません。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

例えばパソコンだとすれば、必要ではないほどハイスペックだったとしても

たぶん( 実際にそこまでの高性能PCを経験したことが無いので分からない )

ジャマにはならないのですが( 電気代は高いと思うけれど )オートバイや

クルマとなれば、ハナシが違ってきます。

 

安全や燃費などに関しての高性能は歓迎するところですが、走りに関しての

ハイスペックはソレが " 楽しい " ということとは比例しないというか、個人

個人の差が大きいというか・・・ まったく別物ですね。

 

クルマの場合のハイスペックマシンはソレで走り込んだことはありませんが

オートバイの場合、各タイプのソレを経験しているものの、実際のところは

ハイスペックが " 楽しい " のは一瞬の刹那。( 競技専用車両は除く )

 

その一瞬に沸き上がるアドレナリン量はスゴいのですが、性能を抑えて走る

というか、出せずに走る( 笑 )99%は、肩が凝って疲労がたまる場合多し。

 

つまり " 楽しい " はスペックではなく、そもそも走らずとも、所有している

とか、メンテナンスをするとか、洗車したとか、それこそ人それぞれ。

 

もっと遡れば、乗り物である必要も無く、モノである必要も無い訳で、日々

生活の中で " 楽しい " を感じられるよう心掛けたいです ♪

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

トンチンカンな営業電話をもらったりした際に思うのは、「 そもそもウチの

ホームページを確認したか?」ということですが、ま、数打てば当たる式の

場合はそんな思いも無いのでしょう。@ 最近はM&Aの営業が多いです。

 

という訳で、もっともっとホームページを通して各種情報を発信することで

本来の目的とは違うのですが、営業電話の前に、もし確認してくれたならば

「 ここにコレは必要ないな 」とか「 ぜひここに売り込みたい 」と判断して

もらえるくらいのモノにして行きたい。

 

現在はまだで、今後、発信して行きたい内容のひとつが " 売上 " なのですが

ちょっと制度が切り替わる、6月から実施したいものの・・・ 相変わらず

ワタクシの手が( というか、アタマの中のアイデア整理が )遅いです。

 

サポートをお願いした彼女の仕事のスピードはピカイチなので、ワタクシが

完成イメージを固めてお願いすれば、早々に叶うと思うので急がねば!

 

まずは運用開始してから、見やすさなどの体裁を整えて行けばいいのですが

つい、当初からの完成度の高さを求めて、自分自身の中でのラビリンス。

 

迷っているより「 エイやっ!」です。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

意外というか、さすがというか、プロが仕事を始めれば、アレヨという間に

進んで行くので、そのレポートに忙しく、ワタクシが引いた図面を公開する

と言いながら、ズルズルと後回しに。

 

ちなみに、ワタクシが使用しているのは「 Jw_cad 」というフリーソフトを

使わせてもらっているのですが、二次元汎用CADソフトとして有名ですので

ぜひあなたもインストールして、棚や犬小屋の製作に " 図面を引いてみる "

という経験をしてみるのはいかがでしょうか。意外とハマるかも。m(__)m

 

さて、前回公開したイメージ図には " クルマを仕舞う " という、本来の目的

以外に費用がかかるところがあったので、図面に変更を加えて、シャッター

費用捻出を目指します。( 笑 )

 

とはいえど、せっかく建てるので見栄えする仕様は目指したいところですが

そもそも、見積次第では既製品になる可能性も残っています。( 涙 )

 

という訳で・・・

 

garage05.jpg

 

ワタクシのアタマの中では、こんな仕様に。

( 図面写真か ココ をクリックで、PDFが開きます )

 

非常にシンプルになりました。外壁は金属系サイディングにするか窯業系か

悩むところですが、ヒサシの無い建物にした場合、金属系の方が長持ちする

でしょうか? 経験談お待ちしています。

 

前面の柱仕様部分には、面積も少ないので石材板を貼りたいところです ♪

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

雑草の伸びに、ワタクシの草刈りが追いつかず・・・ エライこっちゃ。

 

16年半前に県庁のホームページから見つけて衝動購入した田舎暮らし物件の

建物は、超古い家に古い家を増築した造りで、各所に傷みが生じるとともに

ワタクシたちの目的とは違う勝手だったので、TV番組のビフォーアフター

よろしく、家の中に住む場所を確保しつつ、一旦ほぼ柱だけにしてトイレや

浴室、その他、間取りも大幅に変更したフルリノベーション&リフォーム。

 

外観のリフォームがまだ叶わないまま、快適に暮らしています。

 

さて、その田舎暮らし物件の地面のほうですが、大きく見れば低い山の肩に

位置する立地で、南と北と西側は斜面で下って広がります。

 

かつ、西側を下れば、もうすぐホタルが乱舞する小川に接していて、井戸も

あったりの、そんな良いとこ取りを列記すれば、まさに桃源郷。( 笑 )

 

しかし!平地ではなく使用が困難な、草刈りが必要な面積だけ広いという。

 

予報よりも早く降り出した雨の日曜日、雑草の伸びに追いつかない草刈りを

放っておく訳にも行かず、草刈り~昼食~草刈り~草引き、満喫中。( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

土曜、月曜とは2~3週連続で、3:30起床の超早起きが続くので、睡眠的に

ハードですが、ま、慣れてしまえばオッケーです。

 

さて昨日も必死のパッチで明るいうちに帰宅し現場見学、工事2日目にして

石積一段目の底付作業が完了し、土曜日には均しコンクリートの打設予定。

( 土曜の朝は暗いうちの出発となるので、金曜のうちに確認したかった )

 

プロの工事は手際よく早いです。

 

ただし、石積は一番高いところでは6mを超える予定なので、幅50cmほどの

歩道を設けた二段構造として積上げます。なので草刈りの際の移動などには

使い勝手は良さそうですが、最重要の平地となる場所はその分減少します。

 

garage_20240510-01.jpg

( 工事2日目、クラッシャーが転圧してある )

 

garage_20240510-02.jpg

( この木の高さまでが、だいたい1段目 )

 

garage_20240510-03.jpg

( 下へ向かう土道から左端に写る小屋の下端まで石積する )

 

garage_20240510-04.jpg

( 捨てコンはバッカンでバケットをシャベル代わりに練るそう )

 

garage_20240511-01.jpg

 

という訳で、写真は早めに帰宅した土曜の現場。ワイヤーメッシュを敷いた

上にコンクリートが打たれ、日曜~月曜の雨に備え養生がしてありました。

 

次の工事は火曜日かな?

見る見る進んで行くので楽しみです。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

シャッと仕事を終えて、なんとか明るいうちに田舎暮らしの自宅へと帰着し

工事初日の現場を確認します。

 

garage_20240509-01.jpg

 

大きな木があった、自宅裏手の駐車場用地の北斜面が削られて、その様相は

まるで「 モトクロスコース!」

 

バイクで駆け上がり、斜面上端から勢いよく飛び出したくなります。( 笑 )

 

garage_20240505-02.jpg

( こちらは4日前に、ほぼ同じアングルで撮った写真 )

 

ずいぶん以前には、仲間集ってモトクロスコースを整備し( バックホー操作

技術はその際に )週末ごとの練習に励んでいた頃を彷彿とさせます。

 

ただし実務としての土木知識は持ち合わせておらず、求める作業結果に対し

どこをどうどの程度削ればいいのかが分からない。つまり上の写真の掘削が

どう繋がって行くのか、現在はイメージして見ることが出来ません。( 涙 )

 

広大な敷地を好きなよう掘削する技術と、限られた範囲で掘り過ぎないよう

適切、確実に掘削する技術はまったく別物ですね。

 

1日にして大きく変化した自宅裏手の土地の様相に驚いたので、昨日告知の

ガレージ図面は、明日に持ち越しです。m(__)m

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

その話題で続きますが、本日より田舎暮らしの自宅裏手土地を駐車場にする

造成が始まるので、工事の安全を第一にスムーズに運ぶことを願います。

( 転用許可など各種申請済 )

 

台形をイメージすれば分かり易いのですが、地面を1.5mほど切り下げる際に

石積裏側をコンクリートで固めた擁壁を斜面に築き、掘削した土で突き固め

平地を広げる工事。自宅裏手とその土地の間に、低いコンクリートの擁壁を

築く工事。それが本来の目的である夢のガレージ建築工事。地面舗装工事。

 

上記4つの工程を順次、来春までに完了させる予定です。

 

garage_20240505-01.jpg

 

実際のところ造成地には大きな木が数本あり、それの伐採や伐根が必要など

附帯する工事もあって、どれもが安全&スムーズに運びますように。

 

さて、ワタクシが描く夢のガレージ図面は、先日公開したモノからは大幅に

修正を加え、費用をかける部分とそうでない箇所を明確にし、実際の工事に

則したモノとなりつつあります。( 明日、PDFで公開予定・笑 )

 

が! 実際にソレが叶うか、既製品になるかは未定ですけれど・・・

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

薄々気づいてはいましたがね( 笑 )シャッターが予想以上に高い。( 涙 )

当然、安価に建てられるならば、そうしたいガレージ計画ですが、せっかく

建てるならばと、オーバースライドシャッターの価格を調べて唖然。

 

シャッターと聞いて思い浮かべるのは、軽量スチール製のガラガラと開ける

巻き上げ方式ですが、ソレとは違い1枚1枚が板状で、巻かずに内側天井に

滑り込むように持ち上がって収まるオーバースライダー方式。

 

巻き上げ方式と比較して、開閉スピードが速く、動作音が静かなのが特徴。

 

プラス、板形状なので木調、金属調( もちろんホンモノの場合も )などの

意匠が施せるのが特徴で、ちょっと縁の無い高級住宅のガレージドアによく

採用されています。が、調べてみれば、実際に高かった訳です。( 涙 )

 

で、言い訳ですが、毎日シャッターを開閉するならばスピードも重要ですし

街中ならば静音性も効果が高いですが、そもそも田舎暮らしで、タマにしか

開けないのであれば、巻き上げ方式やその他、横開き方式でもいいのでは?

 

ま、下調べ中の現在( いま )を楽しむことにします。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

祝日の事務所はゆっくりとした時間が流れるので、なにかと捗ってよろし。

と思っていたら、雨が降り出した。

 

昨年は、5/7までが連休だったために、5/8午前中に振込を完了させるための

給与計算が実質、5/1~5/2しかなく、タイムリミットがヤバかったのですが

今年は、5/7が平日ですし。5/10も土日にハマっていないので平和です。

 

さて、みなさんのSNSを楽しませてもらっている中で、その行動力に感動を

覚えたのが、ご夫婦で北陸~東北地方?9泊10日2,000km走行のツーリング!

 

単純に割っても1日200km、その間一度もカッパが必要なかったというのも

ご夫婦の強運を物語っているというか、旅のルートを地図で辿ってみたい。

 

はたまた「 レンタルバイクで台湾一周ツーリング 」の著者としても有名な

( そうなのか?m(__)m )" cotaro70s " 氏( Xを左記IDで検索 )は3度目?

の台湾ツーリング。その写真やコメントの視点の違いが新鮮です。

 

20240427-05.jpg

( GW前半の思い出、通過が叶わなかった鮎返川上流の道 )

 

飛行機ももちろんですが、新幹線も20年以上?乗っていないように思うので

旅に出なくてはなりません。旅に。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

じつは棚を組み立てる前に、梱包されたソレ( 推定50kg~60kg )を抱えて

移動させたことが原因だと思うのですが・・・ 腰を痛めました。

 

同じ姿勢でいれば症状は無いのですが、立ち上がるとか移動するとかの度に

「 うっ、いてて 」と曲がった腰を伸ばせない。準備運動もせずにいきなり、

重量物を力まかせに持ち上げたからでしょう。

 

そういった場合、安静状態を保って直す( あえて " 治す " ではない♪ )のが

お勧めでしょうが、それは1日、図面を引いて確保してみたものの、一向に

良くならず、ワタクシとしては動かすことで直したく、ゆっくり「 いてて 」

と動きながら、刈払機を用意して草刈りの開始です。

 

立ったままの作業ならば、それほど痛みはありませんが、斜面の多い立地で

スリップダウンすることもあり、腰が痛いなどと・・・ アレ?直った?

 

夏になれば、汗だく1時間もすれば体力の限界に近づきますが、暑くもなく

ちょうどよい季節は、シーズンに入ってから、まだ刈っていない場所も多く

アッチが気になればコッチもで、延々4時間近く刈ってフラフラ。

 

kusakari_20240505.jpg

( 斜面のほんの一部分 )

 

「 腰の痛みが消えたゾ 」と喜んでシャワーを浴びれば、それは思い込みで

腰を降ろせば、立ち上がるのに「 イタタ 」と。でも、ずいぶんマシかな。

 

駐車場の土地造成、および整地が完了すれば、ちょっとだけ草を刈る範囲が

減るのもウレシイ。( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

" 〇〇ガレージ " 的な、カタログから選ぶ既製品になる可能性が高いものの、

予算次第では鉄骨造が叶う確率もゼロではないので、イメージを伝える用に

ラフ図面を引いてみます。( 構造を理解している訳ではないイメージ図 )

 

ワタクシはコレを、まず石垣を積んで、擁壁を築き、土地を整地したそこへ

溶接を学んで鉄材を購入し、フルセルフで建てるつもりでしたが、運転免許

年齢から逆算すると、DIY工事を楽しむための5~10年はかけられないという

決断に至り、プロへの依頼を選択することに。

 

溶接の学びに励むのでなく、予算のやり繰りに汗することとなった訳ですが

石積み、擁壁、整地を依頼する業者さんと、まだ確定していない、ガレージ

建築業者さんに「 こうしたい 」というイメージを伝えるための図です。

 

garage02.jpg

 

小型ノートPCのタッチパッドで描いたのですが、この程度でもアタマの中の

イメージを施工手順に当てはめながらですから、数時間は費やしています。

 

建物間口12m、奥行7m( 屋根除く )で描いていますが、造成前なので敷地

寸法が明確でなく、この通りの寸法がとれるかどうか・・・

 

正面、間口側から見て、右側がガレージスペース、左側は前後にオープンの

カーポートスペース、軽トラの後方に流し台とトイレが欲しいでしょうか。

 

DIY 計画では、シャッターの自作が難しいので、吊り下げ引戸にする予定の

イメージそのままですが、予算が許すならば電動オーバースライド。( 笑 )

 

四角い箱を並べた既製品の " 〇〇ガレージ " になる可能性も大です。( 涙 )

 

草刈りもせずラフ図面を引いて、田舎暮らしの夕暮れ時は自作カーポートの

下でプチバーベキュー。ゆっくりと日が暮れて行きます。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

倉庫内の片づけを進めるため、頑丈なスチールラックを購入していたけれど

組み立てる間がなくて、ソレがまた倉庫内のスペースを圧迫していましたが

やっと組み立てて設置完了。倉庫内が断然片付きました!

 

いや、もっと早く組み立てていれば。( 笑 )

 

棚あたり耐荷重130kgモノなので、しっかり頑丈、重量物も安心して収める

ことが出来そうです。( メチャ重い梱包状態を移動させるのに腰を痛めた )

 

今回の場合、そこまでの頑丈さは必要なかったですが、ホームセンターには

トン重量まで耐えられる、超頑丈質実剛健ラックも販売されていて、いつか

夢のガレージが( 既製品の可能性も?)完成した際には、その中に設置して

工具やパーツやエンジン( 笑 )など並べたい。

 

あっナイショですが、祝日なので結構空いている職場駐車場の白線に沿って

巻尺を伸ばし、縦横寸法のイメージを確認しました。

 

間口11.0m~12.0m、奥行6.5m~7.0mが欲しいところで、間口寸法その半分

6.0mがシャッターで、残りは開放の屋根だけ仕様の図面が・・・

鉄骨構造の場合の知識がありません。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

近場、遠方、日本、世界、各地に出掛けた方々が発信するSNSを見て、疑似

トリップ「 ここは行ってみたいゾォ~ 」と、地図をめくるのが楽しいGW、

さっそくコアな台湾を楽しんでいる方のレポートに魅入っています ♪

 

はたまた近場、露出オーバー気味にネモフィラ畑で撮影された写真は、淡い

ブルーがまるでメルヘンのようで「 来シーズンは訪ねてみよう 」と。

 

花や景色、鉄道や飛行機、クルマにバイク、アレコレ上手く被写体を捉えた

写真は魅力的で、そのテクニックを見習いたいですがハードルが高いです。

 

さて、そんなGWが明ければ、田舎暮らしの自宅裏手の、駐車場&ガレージ

予定地の造成工事がいよいよ始まるのですが、斜面を含む段差解消のための

石積みや擁壁工事が必要になるので・・・ 予算がかさむ。( 涙 )

 

本来の目的の " 夢のガレージ " に近づけるのか?

不安が募ります。( 笑 )

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

2か月ほど前にアップルウォッチを購入した彼女、ソレで測る日々の歩数や

睡眠の質などに一喜一憂しながら、「 目標値を超えた♪ 」と萌えている。

 

「 歩くことをはじめ健康を意識するようになるからエエで、アンタも買い 」

と勧めてくれるので、「 そうなのか 」とワタクシもデジタル時計を購入。

 

ただしスマホが " iPhone " ではないので、" Apple Watch " ではなく、昨年に

ナニかで見かけて「 カッコいいデジタル時計やん!」と思っていたモノが、

再びリストに載っていたのでソレにしたけれど、45mmベゼルはデカいな。

 

とはいえ、最近はほとんど腕に巻くことはありませんが、長年の間に集めた

電池式、機械式クロノグラフが数個、ワインダーの中でクルクル回っている

ソレと比較すれば、ベゼル径も重さも大差はありません。

 

さて届いたデジタル時計=スマートウォッチを、その価格の半分がソレか?

と思うほどの仰々しい化粧箱から取り出し、まず使えるようにセットアップ

するのですが、当然、スマホがなければ使い始めることさえ出来ません。

 

ナニが出来るんだろうなぁ・・・

 

心拍数など各種の生体反応をモニターしているので、それこそ高齢の方々が

装着しておけば、ナニかと役立つような気がしますが、日々の充電が必要。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

" 調理特化したデイサービス " での利用など想定して、花壇やプランターで

野菜が育っているのですが、上手く育つものもあれば、そうでないものも。

 

しっかり育てば収穫を楽しみ、そのまま調理に利用するので一石二鳥!

 

しかし、見聞きした知識でアレコレ試す極小菜園ですから、上手く育たない

場合の方が多いような気も。m(__)m

 

育てば育ったで、収穫直前に何者かのケモノに襲われ食い散らかされたりと

防御ネットや何やら、四苦八苦しています。

 

そんな中、いまパセリが元気いっぱい、あふれるように育っているのですが

ソレをメインにサラダにするモノでもないので、乾燥パセリ加工をするなど

上手く利用する方法を模索中。

 

で、上手く育たなかった野菜は、自宅でリクガメの " そらまめ "( 名前 )を

飼育する彼女に、強制的に持って帰ってもらうのですが・・・ パセリ。

 

「 ちょっとカメが食べるのか持って帰ってみて 」

「 見向きもしませんでした ♪」と、翌日。

 

そうか、何でもバリバリ食べるカメも、パセリは苦手か。

パセリの上手な利用方法、絶賛募集中です!

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

アチコチに立ち寄りながら遅めの行動で(笑)予定通り、夕暮れ前に着いた

和気町の藤公園、朝来市の白井大町藤公園とどちらにするか迷ったのですが

あとで知れば後者は翌日からの開園でした。( 4/27土曜日の出来事です )

 

各地の藤公園の旬は短いですから、タイミングを合わせて出かける必要が。

 

さてココも混雑で有名ですが、時間をズラせられたので駐車場も空きがあり

お祭り気分の屋台の間を抜けて公園の中へ向かえば、やさしい匂いが充満。

 

初夏を感じる気候の午後の時間、ここで過ごさせてもらうだけでシアワセな

気持ちになってきます ♪

 

が、撮るのむずかし~ " 藤 " 。

 

見れば感動ですが、撮れば " 鉄管 " の藤棚が、ガッツリと写り込んでしまい

大きなレンズのカメラを携えた女子、男子いっぱいですが、みなさんどんな

写真を撮っておられるのか、液晶で見せて欲しい。

 

唯一マシなのをアップさせてもらいましたが・・・( ふじIG )( ふじFB

 

あっ、ワタクシは先週の千里側土手の飛行機も、今日の " 藤 " も、スマホで

撮影です。大昔は銀塩タイプのEOSを手にアチコチ巡っていましたが・・・

 

mitsuishi01.jpg

 

GW中の山陽自動車道は選ばず " 三石赤レンガ積みアーチ橋・四列拱渠 " に

立ち寄って撮影。カメラを手に歩きたくなる町、三石の煉瓦拱渠群。

 

ガラ空きの2号線を快走し、スプリング8から播磨自動車道で帰宅です。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

アチコチで語られているので、今更ですが「 田舎暮らしは忙しい 」です。

 

なので " のんびり " を目標の移住ならば、たぶん都会を目指した方が適切で

田舎暮らしの場合、例えば " 自分自身の DIY 能力を試したい " など思われて

いる方にはうってつけかも。

 

ただし、時間との引き換えに、木材などを自給できるのならばいいのですが

設備にまつわるアレコレなど、DIY するにしても材料の入手に費用がかかる

その裏付けとなる収入は必要なので、そのあたりも計画に入れて。m(__)m

 

さて現在、空になっているカーポートに併設した薪棚も、すでに10年以上が

経過しているので、防護防腐塗料の再施工に臨んでいる途中で、やり残した

場所の塗装を朝一番から行います。

 

GWが明けて駐車場予定地の造成が始まれば、大きな木を数本伐採するので

すぐに積み上げられるようにしておかなければなりません。

 

午後からも引き続き防護防腐塗装工事ですが、薪棚を完了させれば引き続き

井戸小屋周辺の柵、玄関まわりの枕木など、同時に施工をしておきます。

 

さて道具を刈払機に替え、隣の畑と接する南側斜面下から始めて、クルっと

入口周辺、造成工事に関わる場所の草刈りなど終わらせれば「 今日は一日中

外にいたな 」と、ゆっくりとした時間が流れる、初夏の夕暮れどき。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

田舎暮らしの自宅の庭に「 藤棚があればいいな ♪」と、育てることも世話も

出来ないのに思ったりするので、ならば「 見学に行こう!」と出掛けます。

 

が、藤の花の見頃はGWと重なるので、混雑を避けた行動が必要に。( 笑 )

 

なので夕刻あたりに現地に着く予定で、駅舎見学のあと( ローカルな駅舎は

写真を撮りたい )運動公園の中にある食事処で " たまごかけごはん " 。

町をあげて " たまごかけごはん " を推しているのでノボリいっぱい ♪

初夏のやさしい風を感じながら、ゆっくりとした食事の時間です。

 

で、食事のあとはデザート ♪ 古民家カフェに移動すれば天井を覆いつくす

ドライフラワーが素敵な空間で " 苺を味わう贅沢パフェ " & コーヒー。

 

20240427-04.jpg

 

ま、このあと超狭路通過を目指した結果、叶わず延々退却するという羽目に

陥ったのは、すべてワタクシのせいです。m(__)m

 

迂回して公園になった駅舎に立ち寄れば、閑散とした中に数名のマニアック

方々に交じってワタクシもシャッターを押すのですが、ここに保存してある

車両には廃線が間近に迫った1991年に乗車させてもらいました。

 

20240427-06.jpg

 

路線沿いに下って、現在はサイクリングロード休憩場所として活躍している

駅舎でも写真を一枚。なかなか目的に到着しません。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

ゴールデンウィークを前にして、ジンマシン持病薬、つまりステロイド錠の

手元量に不安が生じたので、あわてて一昨日に病院受診、処方箋をもらって

拠点CからFAXを送ってもらえば、100錠ほどが届いて「 ホッ 」

 

極力、服用を避けたいのですが、季節の変わり目はキツく、少し動くだけで

汗をかけばジンマシン、事務所の窓が開いていて、ちょっと寒めと感じれば

ジンマシンと、消費量が伸びてしまうんですね。

 

プラス、田舎暮らしの自宅の草刈りシーズンが始まったので、草刈りを完了

させれば毎度、超ジンマシン状態で、多めのステロイド服用が必要となって

これまた消費量が伸びる原因となるのです。

 

真夏や真冬の方が、その気温や環境に明確に対応できるので、クスリに頼る

機会を意外に抑えることが出来ますね。つまり現在(いま)がヤバい。

 

カバンの中やクルマの中、アチコチに錠剤を忍ばせているのですが、ソレが

次々と使用されてGWに突入しそうになったので、あわてての受診です。

 

といってもナニか治療がある訳でもないので、ウェブ受診とか出来ません?

 

院長がクルマ好きなので、そんなハナシでもしたいところですが、当然毎度

混んでいるので、看護師さんに「 ダメです 」って叱られそうですし・・・

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 
 
 

19年前の昨日、ワタクシは1週間前に納車されたハイエースで、丹波篠山を

抜けて、移転前の " 裁ち切りそば 一眞坊 " さんで蕎麦をいただき、移動先の

" 山空海温泉 " の軒先で、大きな事故が発生したニュースを聞きました。

 

その電車に身内や知り合いが乗っている可能性もあり得るエリアでしたから

みなさんの不安と心配が痛いほどに伝わってきます。

 

19年経過の追悼ニュースに、残された者の喪失感たるや如何ほどのものか。

亡くなられた方々のご冥福を祈ります。

 

飛行機の操縦桿や電車のマスコン、はたまたバスやトラック、そして仕事で

あれプライベートであれ、自動車のハンドルを握る者は常に自制し、それが

一瞬で人の命を奪う可能性を想像し、正しい知識で運転せねばなりません。

 

もちろんオートバイや自転車も。

 

ただ、それらの事故が、人のコントロールに頼るだけでなく、技術を持って

抑制できるのであれば、一刻も早く後付けの急発進防止装置など、全車装着

を目指して欲しいです。

 
 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 
 

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • garage_20240612-02.jpg
  • garage_20240612-01.jpg
  • garage_20240611-01.jpg
  • garage_20240608-01.jpg
  • garage_20240606-01.jpg
  • sakaibashi10.jpg
  • garage_20240604-01.jpg
  • carpenters_kitchen01.jpg
  • carpenters_kitchen02.jpg
  • carpenters_kitchen01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 7.8.2